ここから本文です

日本初! Jリーグクラブが運営する高校が誕生。「FC琉球高等学院」今年4月開校

2/6(火) 19:34配信

フットボールチャンネル

 J3のFC琉球は6日、同クラブが運営する高等学校「FC琉球高等学院」を今年4月に沖縄市に開校することを発表した。

2018年シーズンJ1リーグ新加入・移籍選手一覧

 発表によれば、Jリーグクラブが運営する高校は国内初。JFL(日本サッカーリーグ)のFC大阪は定時制・通信制の高等学校「FC大阪高等学院」を運営しているが、Jリーグクラブとしては初の試みとなる。

 FC琉球高等学院ではプロサッカー選手を目指す「スポーツコース」と高卒資格取得を目指す「普通科コース」が設けられる。スポーツコースの学生はFC琉球U-18または同校サッカー部に所属し、優秀な選手はトップチームの練習にも参加。「実力が認められれば、在籍中にプロサッカー選手としてデビューすることも夢ではありません」とのことだ。

「サッカーを中心としたスポーツと勉強の両立を掲げ、豊かな創造力を育み、それを表現できる喜びを精一杯生徒たちに伝えながら、県出身選手の育成活動に取り組みます」と目標が掲げられている。サッカー選手の育成だけではなく、「一人一人の社会的・職業的自立に向け必要な基盤となる能力を育てていきます」とも述べられている。

 FC琉球を運営する琉球フットボールクラブ株式会社の倉林啓士郎代表取締役は、「県内のJリーグチームである我々が、チーム運営で培って来たリソースやネットワークを活用してスポーツ教育を主体とした学校を運営することは意義のあるチャレンジになります」とコメントを述べ、「スポーツ教育の発展」「スポーツによる人材育成」「県内スポーツ振興」という3つのビジョンの実現に向けて沖縄市とともに取り組んでいく考えを述べている。

 FC琉球は2003年に創設され、2014年にJリーグに入会した、現時点で沖縄県唯一のJリーグクラブ。昨季はJ3で過去最高の6位の成績を残した。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)