ここから本文です

若者に「スマホ老眼」 長時間使用でピンぼけ

2/7(水) 7:47配信

NIKKEI STYLE

 最近目のピントが合いにくい……。中高年特有の症状と思いきや、若い世代にも広がっているという。原因はスマートフォン(スマホ)の使いすぎによる「スマホ老眼」だ。発症のしくみと予防・改善策を知っておこう。
 スマホの長時間使用で起きる「スマホ老眼」に悩む人が2010年以降目立つようになった。遠くがぼやける、手元が見にくくなるなど、いわゆる老眼に似た症状が出る。さらに頭痛やめまい、吐き気などをもたらすこともある。
 スマホゲームや動画鑑賞を楽しむ若い世代に加えて、仕事でもスマホを頻繁に使う30~50代など幅広い世代が症状を訴える。井上眼科病院(東京・千代田)の井上賢治院長は「パソコンやIT機器による目の不調と同じく、スマホの影響は深刻」と指摘する。
 スマホ老眼の原因は、物を見るときにピントを合わせる目の機能と深く関係する。目をカメラに例えたとき、ピント調節を担うのが水晶体だ。水晶体は透明な目のレンズで弾力があり、周囲を毛様体筋が取り囲んでいる。
 毛様体筋はレンズの度を調節する働きを持つ。遠くを見るときは緩んでリラックスしていて、近くを見るときには縮んで水晶体を膨らませる。水晶体と毛様体筋のいずれかに異変が起きると、ピント調節に不調をきたす。
 40代以降に増える通常の老眼は、主に加齢によって水晶体の弾力が失われるのが原因だ。水晶体が膨らみにくくなるため、近くにピントを合わせづらくなり、本や書類の文字などがかすんで見える。
 それに対して若い世代にも起きるのが、毛様体筋の酷使が原因の目の不調だ。パソコンやスマホの長時間作業で、毛様体筋が凝り固まった状態になる。ピントが合いにくくなって目のかすみなどを訴えることが多い。
 スマホの長時間連続使用は目の負担が大きい。「細かい文字を至近距離で見るうえ、ゲームなど長時間集中して見続けることも多い。重症化すると眼精疲労や頭痛、肩こり、吐き気などで日常生活に支障をきたしかねず、早めの対処が必要」と井上院長は強調する。
 スマホ老眼の予防や改善で重要なのは、操作時の正しい姿勢だ。顔を画面に極端に近づけることを避ける。寝転がった姿勢でのスマホ操作も目の疲労につながる。クイーンズアイクリニック(横浜市西区)の荒井宏幸院長は「スマホは目から30~40センチメートル離して持って。視線を少し落とすように画面を見ると、目がリラックスし、ドライアイの予防にもつながる」と助言する。
 定期的に毛様体筋を休めることも大切だ。荒井院長のお勧めは「チラ見エクササイズ」。目が疲れたとき、窓の外の看板など遠方でようやく読める文字を目印にして、1時間に2~3回じっと見るようにする。
 このほか入浴時にタオルで目の周囲を温めると血行改善を促す。目の機能維持に役立つポリフェノール類を含む食品を積極的にとるのも、目の疲労回復に役立つという。
 こうしたスマホ老眼対策は中高年にも重要だ。老眼の原因となる水晶体の弾力低下は40代以降も進行する。「スマホがもたらす毛様体筋の疲労が重なれば、より強い目のかすみや疲れ目などを招くほか、老眼を加速する可能性もある」(荒井院長)。井上院長は「40代以降は白内障や緑内障といった加齢性の目の病気も起きやすい。年1回は眼科を受診し、目の健康をチェックしてほしい」と助言する。
 快適な生活を送るために、くっきりとした視界を維持することはとても大切だ。常にスマホを持ち歩く人が多い現在、使いすぎに気を付けて、目の調節機能をいたわる生活習慣を心がけたい。
(ライター 荒川直樹)
[NIKKEIプラス1 2018年1月27日付]

最終更新:2/7(水) 7:47
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。