ここから本文です

広瀬すず&阿部サダヲが仲良し過ぎる!?「anone」ロケ密着で見えた素顔【現場リポ】

2/7(水) 11:30配信

ザテレビジョン

2月7日(水)に広瀬すず主演のドラマ「anone」(毎週水曜夜10:00-11:00)の第5話が放送される。

【写真を見る】取材カメラに気付いてかわいい変顔をしてくれた広瀬すず。これぞ永久保存版!

第5話の放送を前に、広瀬すず、阿部サダヲのザテレビジョン独占のオフショット&現場リポートをたっぷりお届けします!

■ 撮影は“最強寒波”にも負けず順調に進む!

1月某日、都内。この日は今冬一番の寒さと報じられ、週初めに積もった路肩の雪もカチカチに凍結するほど冷え切っていた。そんな中でも水田伸生監督率いるチーム「anone」は、和気あいあいとしたムードで撮影を進行。

水田監督は、記者にも「今日は何の取材なんですか?」と気さくに声を掛ける。「広瀬さんと阿部さんの現場リポートです」と答えると、「すずちゃんはね、阿部さんといる時が一番安心するみたいですよ」と監督が知る広瀬の様子を教えてくれた。

■ 元気いっぱいのあいさつが現場でのお約束!?

監督と談笑していると、広瀬と阿部が登場。水田監督はビシッと姿勢を正し、「おはようございます!」と元気いっぱいにあいさつ。

その監督のあいさつに、広瀬と阿部は笑顔で「おはようございます。よろしくお願いします」と深々と一礼。きっとこのやりとりは現場のルーティーンなのだろう。

■ 何度見ても広瀬すずの“スイッチ”は鳥肌モノ!

撮影したのは、ハリカ(広瀬)と舵(阿部)がるい子(小林聡美)のアパートを訪ねるシーン。

るい子の部屋から金を持ち逃げしたであろう男(金時むすこ)とすれ違う場面は、放送にするとわずか数秒だが、現場では「どこですれ違うのが映像としていいのか」「階段上部? 踊り場?」と細かく調整。

スタンバイ中、広瀬の表情も徐々に“すずちゃん”のかわいらしさが抜け、ボーイッシュで人見知りなハリカになる。

何度かこのドラマの現場を見ているが、広瀬が主人公・辻沢ハリカに切り替わる瞬間には、そのたび、鳥肌が立つほどの感動を覚える。

■ すず&サダヲが撮影の合間に記者とトーク!

NGなしで本番を終えたところで「現場を見させてもらっています」とあいさつすると「あれ? テレビジョンさん?」と話し掛けてくれた阿部。

聞くと、「今、ちょうどWEBニュース読みましたよ」とWEBで配信した第3話(1月24日放送)の“せりふまとめ”を見たという。

そして、近くにいた広瀬に「さっきの記事書いてくれた人だって!」と話を振ると、広瀬も「そうなんですか!? ありがとうございます!」とニッコリ。

そこから、「待機中に、舵のせりふが『魂の叫び』と書かれていたのを私が気付いて、阿部さんに伝えたんです。そうしたら、阿部さん『どこ? どこ?』ってね(笑)」(広瀬)、「『永久保存版』なんですよね?(笑)」(阿部)と、メークスタッフを交えて大盛り上がり。

■ 19歳の座長・広瀬から思わぬプレゼントを…

出演者から「記事、見ました!」と喜ばれることはほとんどない経験で、「うれしいな~!」と目の前でキャッキャッと話してくれる2人を前に、どう喜んでいいのか、言葉がうまく出ない。

まさに「anone」の世界のように、孤独の中で生きていた人物が、出会った人々に一筋の光を照らしてもらっているような…。取材に行っただけなのに、思わぬプレゼントをもらってしまった気分だ。

その後、現場を後にした帰り道、Twitterを見ると広瀬が公式アカウント(@Suzu_Mg)でも、その状況をツイートしていた。“19歳の座長”に2回も激励してもらい、心が温かくなった。

記者の感激話はさておき、現場はずっと重い空気が流れているかと思いきや、オフでスタッフや共演者と和やかに会話したり、SNSで撮影の様子を発信するなど、器用にリフレッシュをしている広瀬。

「anone」の撮影現場は広瀬を中心に「坂元裕二の脚本を素敵な映像に仕上げよう」という思いで結束する笑顔いっぱいの空間だということが分かった。

■ 公式ツイッターは第5話について「全スタッフが泣いた」

2月7日(水)放送の第5話は、そんな広瀬が「絶対見てほしい回」と語り、番組公式ツイッター(@anone_ntv)も「全スタッフ泣いてます」と明かすほど、涙なしでは見られない重要な回であるようだ。

ハリカら孤独だった人々が一緒に暮らし始め、謎の男・理市(瑛太)が新たな動きを見せ、病床の少年・彦星(清水尋也)の容体が急変する中で展開するストーリーをぜひ見届けてほしい。

■ 彦星が集中治療室に…

<あらすじ>亜乃音(田中裕子)の元に、亜乃音の一千万円を紛失したるい子(小林)が、舵(阿部)と共に謝罪に訪れる。行き場のない2人を受け入れた亜乃音の家で、四人の奇妙な共同生活が始まった。

ハリカ(広瀬)は、そんな日常の出来事をいつものようにチャットゲームで報告し、彦星(清水)を元気づけようとするが、ある日突然彦星のログインが途絶える。病院の窓から彦星の病室が片付けられているのを見たハリカは、慌てて院内へ駆けつける。すると、彦星が集中治療室に入っていること知る。

一方、理市(瑛太)は、亜乃音の娘・玲(江口のりこ)と結婚の約束をしながら、妻の結季(鈴木杏)と娘と共に暮らす二重生活を送っていた。(ザテレビジョン)

最終更新:2/7(水) 11:30
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン22号
5月22日

定価:370円