ここから本文です

【全文公開】貴乃花答える! ――理事候補選“敗北”に本音告白90分

2/8(木) 5:00配信 有料

文春オンライン

【全文公開】貴乃花答える! ――理事候補選“敗北”に本音告白90分

理事候補選でもガチンコ

 横綱・日馬富士の暴行事件をきっかけに噴き出した相撲界の膿。パンドラの箱を開けたのは貴乃花親方だった。その代償として、理事を解任され、理事候補選では惨敗に終わる。この“敗北”を“平成の大横綱”はどう受け止めているのか。小誌直撃に胸中を明かした。

◆ ◆ ◆

〈結果は順当です。無風で決まるのはどうかと思いましたし、私は1票でも出ると決めていました。選挙になっただけでも意味があったと思います。だから、まあ予想通りですね〉

 貴乃花親方は、心なしか吹っ切れたように淡々と言葉を紡いだ。(以下、ヤマカッコは貴乃花親方の発言)

 2月2日に行われた日本相撲協会の理事候補選挙。定員10に11人が立候補し、全親方101人による投票の結果、貴乃花親方は2票にとどまり、落選した。

小誌が貴乃花親方に話を聞いたのは、その翌日夜のことである。本音の告白は、90分に及んだ―― 本文:6,985文字

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

「週刊文春」編集部

最終更新:2/8(木) 5:00
記事提供期間:2018/2/8(木)~6/9(土)
文春オンライン