ここから本文です

【全文公開】茨城妻子6人殺害 小松博文容疑者、獄中告白

2/8(木) 5:00配信 有料

文春オンライン

【全文公開】茨城妻子6人殺害 小松博文容疑者、獄中告白

小松博文容疑者(恵さんのFacebookより)

 昨年10月6日早朝、茨城県日立署に一人の男が駆け込んだ。「家族を殺して、自宅に火をつけた」。県営住宅の一室から見つかったのは、妻と5人の子の変わり果てた姿。男はなぜ、家族に手をかけたのか。3時間半にわたり、拘置所の面会室ですべてを語った――。

◆ ◆ ◆

〈両親は他界しており、天涯孤独で身元引受人もいない。自分のしたことについて争うつもりはありません。極刑は覚悟しています〉

 小松博文容疑者(33 以下、ヤマカッコは同容疑者の発言)は、ガラス板越しに視線を外さず一気にそう言うと、付け加えた。

〈どんな理由があるにせよ、自分がやったことは許されないことだと思います〉

 2017年10月6日、茨城県日立市の県営アパートで、小松恵さん(33=当時・以下同)と、長女の夢妃(むうあ)ちゃん(11)、長男の幸虎(たから)くん(7)、次男の龍煌(りゅあ)くん(5)、双子で三男の頼瑠(らいる)くん(3)と四男の澪瑠(れいる)くん(3)が殺害された。母子6人を次々に包丁で刺し、部屋に放火。殺人容疑で逮捕されたのは、恵さんの夫であり、5人の子供の父親である小松博文だった。

 なぜ小松は、妻と幼い子供たちの命を奪うという凶行に及んだのか――。 本文:6,327文字 写真:6枚 ...

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

「週刊文春」編集部

最終更新:2/8(木) 5:00
記事提供期間:2018/2/8(木)~6/9(土)
文春オンライン