ここから本文です

5秒で分かる「冷え診断」

2/9(金) 5:00配信

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)

冷えてる? 冷えてない? 5秒で分かる「冷え診断」

「自覚がないけれど、冷えている人は多い」(東京有明医療大学教授 川嶋 朗さん)。下の3つのチェック法で、カラダが冷えているかどうかを即診断!

●CHECK1・朝、布団の中でお腹に手を置く

起きぬけの布団に寝たままの状態で、脇の下に片方の手のひらを挟み込む。脇の下から外したその手を、お腹の上にじかに置いてみて。

脇の下より、お腹のほうが冷たいと感じたら「冷えている」
起き抜けの布団の中に入った状態では、脇とお腹の温度は本来同じであるべき。脇と比べて、お腹を触ったときに冷たいと感じたら、それは内臓も冷えている証拠です(川嶋さん)。

●CHECK2・耳を折り曲げて、ふさぐ

場所や時間帯を問わず、自分で耳を折り曲げてみて。

痛いと感じたら「冷えている」
冷えていない人は、さほどの痛みは感じないもの。飛び上がるくらい異常な痛みを感じる人は、毛細血管まで血が通っていない状態。つまり冷えている可能性大(川嶋さん)。

●CHECK3・朝の寝相を確認する

朝起きたときに、昨晩寝ついたときと、同じ場所に同じ姿勢で寝ているかどうかを確認してみよう。

同じ場所、同じ姿勢で朝寝ていたら「冷えている可能性大」
寝相が良いのは体が冷えている証拠。人間は寝ながらいろいろな姿勢を取り、体のこりや疲れを取ろうとします。体温によって布団が温められるので、その暑さから逃れるために、寝る位置を変えながら眠ります。しかし、体が冷えていると布団が温まりにくく、姿勢を変えたくて寝返りを打っても、移動した場所の布団が冷たいため、また元の位置に戻ってしまうのです(川嶋さん)。

この人に聞きました

川嶋 朗さん
東京有明医療大学 教授
日本予防医学会理事・指導医。東洋医学研究所附属クリニックで西洋医学と東洋医学、代替医療を組み合わせた統合医療を行う。『心もからだも「冷え」が万病のもと』(集英社新書)など著書多数。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ウーマン

日経BP社

2018年3月号

価格:600円(税込)

1億円女子登場!月収10万円台でも貯まる
1000万円貯まる人の24時間
0円で冷えないカラダを手に入れる「温活」
【付録】お部屋をパワースポットにする簡単テク

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)の前後の記事