ここから本文です

高木美帆は5位でメダル獲得は持ち越し アイホ娘は格上に惜敗…きょうの結果まとめ

2/11(日) 0:55配信

THE ANSWER

メダルが期待された高木美帆は5位、レジェンド葛西は21位も小林陵侑が7位入賞

 平昌五輪は10日、スピードスケート女子3000メートル、スキージャンプ男子ノーマルヒルなど11種目が行われた。

【写真】「誰もが恋に落ちている」と海外ファンも興奮…“美人すぎる旗手”アルサルがインスタグラムで公開した“自撮りショット”の一枚

 スピードスケート女子3000メートルでは、日本勢メダル1号の期待がかかった中長距離のエース、高木美帆(日体大助手)は4分1秒35で5位。惜しくも表彰台を逃した。佐藤綾乃(高崎健康福祉大)は自己ベストを更新する4分4秒35で8位入賞。菊池彩花(富士急)は4分13秒25で19位だった。

 アイスホッケー女子の日本代表、世界ランク9位の“スマイルジャパン”は世界ランク5位のスウェーデンに1-2で惜敗。五輪初勝利は持ち越しとなり、準々決勝進出は残り2試合の結果次第となった。

 スキージャンプ男子ノーマルヒル決勝には日本人4選手が出場。レジェンド葛西紀明(土屋ホーム)は2本合計213.3点で、21位に終わった。日本勢最高は小林陵侑(土屋ホーム)が7位入賞。午後9時35分に始まった競技が終わったのは午前0時19分。2時間44分の熱戦だった。

THE ANSWER編集部

最終更新:2/11(日) 0:55
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。