ここから本文です

メドベージェワ、衝撃の世界最高得点! 81.06点、渾身ガッツポーズ…フィギュア団体

2/11(日) 13:16配信

THE ANSWER

復帰2戦目&初の五輪、自身の記録を更新する81.06点をマーク、ファン大歓声

 平昌五輪は11日、フィギュアスケート団体予選が行われ、最終種目の女子シングルのショートプログラム(SP)で世界女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)が世界歴代最高の81.06点をマークし、1位に輝いた。

【画像】笑顔の羽生結弦と華やかに、“姉妹”のメドベージェワと美しく…ザギトワがインスタグラムで公開した“豪華2ショット”写真

 五輪の舞台に衝撃が走った。メドベージェワはリンクに登場すると、空気を一変させた。ショパン「ノクターン」の美しい調べに合わせ、表情豊かに演じると、3回転フリップ―3回転トーループを含め、ジャンプもミスなく着氷。完璧なSPを演じ切った瞬間、この日一番の喝采が降り注いだ。スコアは自身が持つ世界歴代最高を更新する81.06点。思わず、ガッツポーズが飛び出した。

 メドベージェワは世界選手権2連覇中の絶対女王。今季はGPシリーズ連勝後の11月に右足の骨にひびが入る故障を発症し、GPファイナルを欠場。復帰戦となったヨーロッパ選手権では母国の後輩、アリーナ・ザギトワに敗れ、2年ぶりに敗れたが、2戦目となった自身初の五輪の舞台で世界を驚かせた。金メダルが本命視される女子シングルへ向け、女王ここにありを世界に見せつけた。

THE ANSWER編集部

最終更新:2/11(日) 16:03
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。