ここから本文です

ザギトワ、五輪でも強すぎた 海外も称賛の嵐「完全なる衝撃」「恐ろしいほど最高」

2/12(月) 14:22配信

THE ANSWER

“異次元の天才少女”が世界歴代2位の158.08点…海外ファン「ザギトワは至福」

 平昌五輪は12日、フィギュアスケート団体フリーが行われ、女子シングルで15歳のアリーナ・ザギトワ(OAR)が自己ベストを更新し、世界歴代2位となる158.08点を記録し、1位を獲得。ニューヒロインの圧巻の五輪デビューに対し、世界のフィギュアファンも「15歳にして壮観」「完全なる衝撃」「ザギトワは至福」と称賛の嵐を送っている。

【画像】笑顔の羽生結弦と華やかに、“姉妹”のメドベージェワと美しく…ザギトワがインスタグラムで公開した“豪華2ショット”写真

 恐るべき15歳――。赤いチュチュ姿で五輪の初舞台を踏みしめたザギトワは文字通り、完璧だった。

「ドン・キホーテ」の調べとともに、前半は美しいステップ、スピンを披露。そして、後半に7本を集めた怒涛のジャンプはすべて見事に着氷した。客席の大拍手に美しい笑顔を見せ、初の大舞台に臆することなく、158.08点という自己ベストを叩き出した。

 キスアンドクライでは思わず笑みがこぼれ、同じトゥトベリーゼコーチの下で練習に励んでいる世界女王メドベージェワも拍手で祝福し、女子シングルの主役となった。そして、ザギトワの華麗な舞いに世界のフィギュアファンも称賛の声が相次いでいる。

「心を奪われた」「なんてことなの」「恐ろしいほど最高だ」

「15歳にして壮観」
「完全なる衝撃」
「ザギトワは至福」
「ワオ ザキトワ、158.08なんて何てこと!!!!」
「完璧なまでにアメージング。彼女が15歳だなんて」
「アリーナ・ザギトワに心を奪われてしまった。なんてことなの。彼女のパフォーマンスには傷がなかった」
「アメージングだ」
「ザギトワのルーティンは恐ろしいほど最高だった」
「なんて優雅なんだ」

 このようにツイッター上では賛辞が殺到していた。ザギトワは今季、シニアデビュー。GPシリーズ、ファイナル、ロシア選手権をすべて制覇。そして、1月の欧州選手権では女王メドベージェワに2年ぶりに個人戦で土をつけ、一躍、シングルの金メダル候補に挙がっていた。

 技術もハートも強すぎる15歳。「天才少女」の異名にふさわしい演技を、ザギトワは示してみせた。

THE ANSWER編集部

最終更新:2/12(月) 15:56
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。