ここから本文です

竹達彩奈「実年齢28歳で“はわわ~”はちょっと…」

2/12(月) 8:10配信

ザテレビジョン

映画「やっさだるマン」の完成披露試写会が、2月11日に都内で行われ、佐藤永典、須藤茉麻、竹達彩奈、大森研一監督が、舞台あいさつに登壇した。

【写真を見る】佐藤永典が「『ライトノベルの楽しい書き方』の時はこんなに小さかった」と笑いを誘う

同作は、映画「ライトノベルの楽しい書き方」(2010年)から7年ぶりに監督、主要キャストが再結集。

7年ぶりの実写映画出演となる竹達は、「『ライトノベルの楽しい書き方』皆さんと出会い、ちょこちょこみんなとご飯を食べに行く機会があったりしたんですけど、一度お仕事でご一緒しただけなのに7年以上もお付き合いがあるのはすごい」と話す。

「8年間ずっと仲良く関係が続いていて、映画撮りたいねって話ができる関係になったことは本当に宝物だと思います。7年前に出会った時とは、それぞれ皆さん立ち位置というのも変わってきていて、茉麻ちゃんは十代だったしアイドル活動(Berryz工房)をされていて、私も本業は声優をさせていただいているんですけど、畑が違う人たちが集まってこんなに仲良くなれたりするものなんだ、こうやってまた会えたりするものなんだ、不思議な世界だなぁというのを感じながら、今回の作品の撮影をさせていただきました。この出会いをこれからも大事にしたいなと思っています」と再結集を喜んだ。

また、撮影については「『ライトノベルの楽しい書き方』に通ずるものがちょいちょい見受けられるんですが、個人的に難しかったせりふがあって、“はわわ~”が本当に…(笑)。役は23歳ですけど、実年齢28(歳)なんで、そう考えると成人した女性が『はわわ』ってどういう時に言うんだろう?みたいな。この『はわわ』っていう一言を料理するのが本当に大変で、そのせりふが一番緊張しました。」と苦笑。

しかし、大森監督からは「これを実写で実現できるのは一人しかいない」と称賛された。(ザテレビジョン)

最終更新:2/12(月) 8:10
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン22号
5月22日

定価:370円