ここから本文です

J1札幌の「マインドを変える」 名将ペトロヴィッチが挑む“人材供給クラブ”からの脱却

2/13(火) 19:11配信

Football ZONE web

攻撃的なサッカー哲学を持ち込む指揮官が見据える、“もう一つの変化”

 今季から北海道コンサドーレ札幌の指揮官に就任したミハイロ・ペトロヴィッチ監督は、1月15日からの沖縄1次キャンプ、2月3日から11日までハワイで行われた2次キャンプ、そして13日からの熊本3次キャンプで新天地でのチーム作りを進めている。同監督のサッカー哲学については改めて記すまでもないが、「攻撃的なサッカーで観る者を魅了したい」というもの。昨季までは堅実な戦いでしぶとく勝ち点を積み上げてきた札幌のプレースタイルをドラスティックに変えていくはずだ。

【動画】李忠成が恩師ペトロヴィッチと“ミシャ会”の様子を公開! 小野伸二、柏木陽介、平川忠亮、興梠慎三ら教え子が集結

 そのなかで、ペトロヴィッチ監督が挑もうとしている“もう一つの変化”に注目したい。

 1月12日の就任会見でペトロヴィッチ監督は、このような言葉を口にしていた。

「札幌はこれまで、どちらかというと選手が活躍をすればすぐに他チームへと出ていってしまう。そういうチームだったと思う。ただし、私はこれから札幌を選手にとっても魅力的なチームにしていきたいと考えている。札幌で活躍をした選手たちが『ここに残ってプレーをしたい』と思うような、あるいは他チームの選手たちが『札幌でプレーがしたい』と思ってくれるような、そういうチームにしていきたい」

 この部分について、ペトロヴィッチ監督は筆者との会話の中で「クラブとしてのマインドを変えていきたい」としていた。「札幌から才能のある選手が輩出されることが悪いことだとは思わない。だが、選手にとってのステップアップのためのチームにとどまってはいけない。逆に他チームの選手が札幌への移籍を目指すようなチームを目指さなければいけない。もちろん、そうした魅力のあるチームを作っていくことも、私の大きな仕事だ」とも続けた。

移籍金がクラブ経営を支えていた事実

 マインドを変える――。

 ペトロヴィッチ監督就任による“プレースタイルの変化”は、誰もが当たり前のように予想し得るものだが、この部分の変化については札幌というクラブの歴史を考えた時、ある種、特別なチャレンジのようにも思えてくる。

 地方都市の育成型クラブである札幌からは、過去にMF山瀬功治(アビスパ福岡)、MF今野泰幸(ガンバ大阪)、DF西大伍(鹿島アントラーズ)、MF藤田征也(湘南ベルマーレ)などの他にも、FWダヴィやMFダニルソンといった外国籍選手もJリーグ内の強豪クラブへとステップアップ移籍をしていった。その後もアカデミーからトップチームに昇格した選手が複数、他チームへと戦いの場を移している。

 もちろん、選手の移籍はこの世界では日常茶飯事である。重要なのは、そうした選手たちの移籍金が札幌のクラブ経営を大きく支えてきたという事実だ。2010年前後は移籍金を得たことで、なんとか債務超過を回避できたシーズンもあった。それ故、見ている側も主力選手が移籍をしていくことを極めて冷静に、ともすれば必要な出来事として捉えてしまっていたところもあっただろう。ペトロヴィッチ監督は、そうしたマインドをも変えようとしているのだ。

 2013年に野々村芳和社長が就任し、以降はクラブの予算規模が着実に大きくなってきたからこそできるチャレンジでもある。しかし、主力選手が他クラブへと移籍し、そこで資金を得る流れが確立されてきた札幌のストーリーを劇的に書き換えるのは、決して簡単なことではない。グラウンド上の変化以上に、相当な覚悟を持って挑まなければならないはずだ。

1/2ページ

最終更新:2/13(火) 19:11
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新