ここから本文です

「ビットコイン」価格にとらわれ見落とす本質

2/13(火) 8:00配信

東洋経済オンライン

ビットコインをはじめとする仮想通貨とその基礎技術であるブロックチェーン。ここ1年程度の価格急騰を受けて、仮想通貨に対する関心は急速に高まった。一方、仮想通貨はこれまでの投資対象とはまったく異なる性質を持っている。知識がなければ詐欺をはじめとする被害を受ける可能性もある。
そんなビットコインやブロックチェーンについて一橋大学名誉教授の野口悠紀雄氏が、専門的な用語や概念の使用を最低限にとどめ、Q&A形式で基礎からまとめた『入門 ビットコインとブロックチェーン』から一部を抜粋する。

■ブロックチェーンは情報を記録する新しい仕組み

 Q)仮想通貨とブロックチェーンは、どう関連しているのですか? 

 ブロックチェーンは、ビットコインの中核的基礎技術であり、電子的な情報を記録する新しい仕組みです。

 取引記録を、ネットワークの参加者全員で、公開された台帳に記入し、管理します。10分間に世界中で起きたビットコインの取引データを「ブロック」という1つのまとまりに書き込みます。AさんからBさんに送金、CさんからDさんに送金、EさんからFさんに……という取引を全部書き込むわけです。

 主な特徴は、管理者が存在せず、自主的に集まったコンピュータが運営しているにもかかわらず、事業が信頼できること、そして記録が改ざんできないことです。つまり、不正が困難な分散管理型の取引台帳です。ブロックチェーンは、これまでのものとは全く次元が異なる技術で、経済や社会に大きな変化をもたらします。

 これまで、送金などの経済的取引は、銀行など、信頼を確立した機関が管理することで行われてきました。ブロックチェーンは、そうした管理主体の代わりに、コンピュータネットワークが取引の正しさをチェックします。しかも、記録を書き換えることが、事実上できないようになっています。このため管理者が不必要になり、低いコストで運用できるのです。

1/4ページ