ここから本文です

葛西でも「気持ちがひるんじゃう」。平昌ジャンプ台は、やはり酷すぎる。

2/13(火) 12:26配信

Number Web

 2月10日に行なわれたノルディックスキー・ジャンプ男子ノーマルヒル決勝は、平昌五輪のジャンプ競技が過酷であることをあらためて実感させた。

【平昌五輪】伊藤華英が撮った選手村の秘蔵写真

 日本は小林陵侑が7位入賞を果たし、伊東大貴が20位、葛西紀明は21位、そして今シーズン、ワールドカップ優勝など急成長を遂げた小林潤志郎は2本目に進めずに31位という結果に終わった。

 意外な結果は、日本人選手のみばかりではなかった。

 例えば小林潤志郎の前に飛んだポーランドのダヴィド・クバキも同じように失速し、88mの92.0点で35位とやはり2本目に進めずに終わっている。

 波乱含みの試合となった要因は、風にあった。

「どこのジャンプ台より運、不運が大きい」

 葛西は試合を振り返る中で、こんな言葉をもらした。

 「ワールドカップなら中止だろう、と心の片隅で思いました」

 葛西に限らず、ランディングエリアでも「オリンピックじゃなかったら中止になってもおかしくないよね」という声がいくつも聞こえた。

 防護ネットを左右に張り、風のコンディションに応じて動く仕組みを整え、風対策を施したはずだった。

 ただ「風が四方八方から吹いているような感じ」(伊東)、「向かい風だったり、追い風だったり、どこのジャンプ台より運、不運が大きい」(竹内択)という気まぐれな風を押しとどめることはできなかった。

 そのため、試合はしばしば中断。選手によっては、何度もゲートに座りながら戻され、天を仰ぐ表情も見られた。

 そんな風に最もほんろうされたのは、日本勢では小林潤志郎だった。

小林潤志郎は着地した瞬間「なぜだ?」とばかりに。

 今シーズン、ワールドカップで優勝するなど台頭、ワールドカップ総合8位の成績とともに臨んだオリンピックだったが、1本目は93m。98.8点で31位、上位30名のみの2本目に進めずに終わった。

 小林潤志郎は、着地した瞬間、「なぜだ?」というように手を広げた。

 「納得のいかない試合です。上の風に叩き落とされる感じがしました」

 試合後、こう振り返った。

 成績の上では有利な風を受けているとされ、その分だけポイントが引かれている。だが実際は踏み切り直後に追い風へと変わったことで、上から叩き落とされるような風を受ける中で飛ぶことになった。それは得点に反映されない、不運な風だった。

 前述したクバキは今シーズンW杯で優勝し、総合順位でも10位以内にいる実力者だが、小林とともに思いもよらないジャンプに終わった。この両者が飛んだときの風がもっとも厳しい状況だったことを示している。

 風にほんろうされたのは日本勢だけではない。ワールドカップ総合1位のストフ、2位のリヒャルト・フライタークも表彰台を逃したのだ。

1/2ページ

最終更新:2/16(金) 14:26
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

946号
2月15日発売

特別定価620円(税込)

EUROPEAN FOOTBALL MANIACS 2018

ロシアW杯の主役を探せ
レジェンドが語る欧州最新最強プレイヤーファイル。