ここから本文です

遺伝子改変された免疫細胞が、急性リンパ性白血病を治す

2/14(水) 19:01配信

WIRED.jp

T細胞と呼ばれる免疫細胞の遺伝子を再プログラムすることで、腫瘍を識別して攻撃するよう訓練する──。そんな革新的な治療法が、CAR-T(キメラ抗原受容体T細胞)細胞療法だ。従来の治療では効果がないことがある腫瘍の一種、急性リンパ性白血病にかかった4歳の男の子への効果がこのほど実証された。

糖質をとると、がんの原因に?

この治療結果について語ったのは、イタリアの保健省、ラツィオ州、イタリアがん学会(AIRC)と協力している、ローマのバンビーノ・ジェズ小児病院の医師と研究者たちである。彼らによると、再プログラムされた細胞の注入から1カ月経過しても、骨髄中に白血病の細胞が見られなかったという。このため男の子は元気になって退院した。

CAR-T細胞療法は、がんの最も革新的な治療法のひとつとして有望視されており、多くの実験が世界中で行われている。実際、CAR-Tを用いた2種類の遺伝子治療が、数カ月前に米食品医薬品局(FDA)により承認されている。ひとつ目は急性リンパ性白血病に対するもので、もうひとつは大細胞型B細胞性リンパ腫に対するものである(後者はヨーロッパではまだ評価中だ)。

その仕組みを説明しよう。最初に患者のT細胞が採取され、実験室内で合成されたキメラ受容体をもつように遺伝子改変される。改変されたT細胞は実験室で増殖させられてから、静脈経由で再び患者に注入される。この受容体はT細胞を強化して、血液や骨髄の中に存在する腫瘍細胞を識別して攻撃できる能力をもつ。

ここで明らかにしておくべきなのは、バンビーノ・ジェズ病院の研究チームが採用したアプローチが、米国のものと部分的に違うことだ。細胞の形質導入、つまり遺伝子改変の過程を実現するために用いられるウイルスプラットフォームが異なっていて、実現される遺伝子シークエンスが異なっている。

これらは、誘導型カスパーゼ(iC9)と呼ばれる一種の自殺遺伝子の挿入を前提としている。危険な状況に陥った場合に活性化して改変T細胞をブロックするもので、治療の副作用に対処するための“安全装置”である。このシステムがCAR-T細胞療法に使われるのは初めてのことだ。

よくある合併症として、サイトカイン放出症候群が挙げられる。改変されたT細胞が炎症を起こし、高熱や筋肉の痛み、神経系の症状、場合によっては非常に重い呼吸器循環器系の問題を引き起こす可能性のある分子、サイトカインを放出する。

遺伝子治療の実験的処置を受けた男の子は。すでに2回再発を起こしていた。1回目は化学療法のあとで、2回目は外部ドナーの骨髄移植のあとだった。「完全回復の可能性がある治療が、この男の子にはほかにもうありませんでした」とバンビーノ・ジェズ病院の小児腫瘍血液学・細胞遺伝子治療部門長のフランコ・ロカテッリは説明する。

「完治したと確信するには早すぎますが、患者は小康状態にあります。もう骨髄に白血病細胞はありません。わたしたちにとっては大きな喜びです。ほかにもこの実験的処置の候補となる患者たちが待っています」と、ロカテッリは語っている。

MARTA MUSSO

最終更新:2/14(水) 19:01
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.30』

コンデナスト・ジャパン

2017年12月9日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.30「Identity デジタル時代のダイヴァーシティ 〈わたし〉の未来」+ 別冊付録「未来のモビリティは、すでにここにある」