ここから本文です

ハムスターは飛行機に乗れないからトイレに流した!? 「エモーショナル・サポート・アニマル」のトラブル続く

2/14(水) 19:15配信

ニューズウィーク日本版

クジャクと飛行機に乗ろうとして断られた女性だけではない、その後も続く米航空会社とのトラブル

米ニュージャージー州の空港で女性がクジャクと一緒に搭乗手続きをしようとしてユナイテッド航空に断られるハプニングがあったばかりの米航空業界で、単なるペットではない「エモーショナル・サポート・アニマル(感情的支援動物、ESA)」が騒動を起こし続けている。

犬を飼うと長生きに! おひとり様に特に効果大

米格安航空(LCC)ジェットブルー航空は2月13日、機内に同乗していたESAの足が座席に触れたことを理由に、乗客の飼い主を飛行機からつまみ出したという。

被害を主張するジョン・シュナイダーは、ロサンゼルス発ニューヨーク行き224便で起きたことをツイッターで訴えている。

「@JetBlue(ジェットブルー航空)が、乗っていた飛行機から僕たちをたたき出した。ひざに座らせていたESAの足先が、座席にほんのわずか触れていたことが理由だそうだ! 最悪の航空会社だ、乗ってはいけない! 224便の乗務員、マークとナンシーはクビにすべきだ」

本誌は問題のESAが何の動物なのかも含めシュナイダーに詳しいことを聞こうとしたが、今のところ返答はない。

一方、ジェットブルーの広報責任者ダグ・マクグローは、シュナイダーは「人間専用」の座席に動物を座らせていたので動物を降ろすよう頼んだものの、乗客がこれに応じなかったと言っている。

■憐れ、ハムスター

「ESAを同乗させる乗客は、動物をひざの上に抱えるか、座席部分の床に、通路を邪魔しないように伏せさせておくかどちらかの方法をとる決まりだ」と、マクグローは経緯を説明している。「度重なる要請に応じなかったため、当社の乗務員はこの乗客は次の便に予約を変更する必要があると判断した」

この数日前には、フロリダ州在住の女性が、アメリカの格安航空会社スピリット航空のせいで、ESAのハムスターがトイレに流された、と訴える事件があった。

この女性、ベレン・アルデコシーの主張によると、スピリット航空は当初、ハムスターを機内に持ち込めると説明していたのに、空港に着くと同乗は禁止だと告げられた。ハムスターの扱いに困った挙句、自分でトイレに流してしまったという。

スピリット航空は、ハムスターをトイレに流すように勧めたことはないと、アルデコシーの主張を否定している。「いかなる時点においても、動物を傷つける行為を勧めた事実はない」と、同航空は声明で述べている。ただし、ハムスターの同乗が可能だと伝えたのは誤りだったと認める。

(翻訳:ガリレオ)

マリア・バルタジオ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2018-2・27号
2/20発売

460円(税込)

他の日本のメディアにはない深い追求、
グローバルな視点。
「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。