ここから本文です

使えば使うほど愛着が湧く!直感的に使えるデザイン雑貨4選

2/14(水) 18:31配信

@DIME

今から10年近く前の2007年にアップル社の『iPod touch』が発売された当時、私が何より感動したのはその直感的に操作できるユーザーインターフェースであった。「ユーザーインターフェース」とは「機器とユーザーの間の情報をやり取りする仕組み」と訳されるが、要はユーザーがやりたいと思ったことをいかに簡単に機器に伝えるか、と言ってもいいだろう。製品パッケージを開いたら説明書を読まなくてもすぐ使えてしまう、そんな製品こそ私たちが求めているものではないだろうか。

【写真】使えば使うほど愛着が湧く!直感的に使えるデザイン雑貨4選

■世界一簡単なタイマー『Time Cube』

「世界一簡単なタイマー」というフレーズは製作者がこの製品のコンセプトとして掲げているものである。見た目は手のひらサイズのキューブ型をしており、各面に何やら数字が書かれているのでさながらサイコロのようである。製品の優れている点は、測りたい時間が書かれている面を上に向けて置くだけでタイマーが開始されること。あとはその時間になったらアラームが鳴るので、数字の書かれていない面を上に向けてアラームをストップする。「設定したい時間を合わせる」と「タイマーを開始する」の2つが1つの動作に集約されている点で、どんなタイマーよりも簡単なので、料理やトレーニングといった、負荷のかかるアクティビティをしている際にもストレスなく使用することができる。また、子どもでもすぐ使うことができるので、時間を決めて何かをさせたい時、例えば歯磨きやおもちゃの後片付けの際に与えても良さそうだ。クラウドファンディングサイト「Makuake」内では税込み2,560円で販売されていたが、2018年1月28日現在プロジェクトは成功して募集は締め切られているようだ。「Makuake」で行われたプロジェクトの中にはその後場所を移して市販されているものあるので、これも近々手にする機会がありそうだ。

■光を操る操作感が楽しいランプ『Dimo Lamp』

まず初めにお伝えしておくと、こちらのランプはクラウドファンディング「Kickstarter」で資金を募っていたものの、資金の募集が上手くいかなかったらしく2016年に中止となってしまった製品である。ただ、個人的にはこの製品の直感的なデザインというのは優れたものだと思っている。『Dimo Lamp』はボトル型をしたランプ。本体上部には上下にスライドさせるハンドルがついており、ハンドルを引くとランプが点灯する仕組み。面白いのはハンドルを引いた長さによって光量が変化する点で、まるでボトルの中に光の粒を閉じ込めていてハンドルを押し込めると消灯、ハンドルを引くと光の粒が解放されて点灯させているように見える点だ。「スイッチのON/OFF」と「光量の調節」がハンドルの上下という1つの動作でできる点でユーザーにとって使いやすいデザインになっているし、ブナ材を使用した全体のデザインも優れたものだと思う。このランプを欲しいと思うユーザーはきっといるはずなので、製作者には是非とも再挑戦してもらいたいところだ。

■毎日目にする色に気づかせる壁掛け時計『Color of time』

壁掛け時計『Color of time』のデザインは変わっている。まずは文字盤に数字が書かれていない。もちろん、これだけなら世の中に出回っている壁掛け時計の中にもそのようなものはあるし、ちょっと変わっているな、くらいの感想で済むだろう。だが、この時計が特に変わっているのは時針の部分。この時針、針ではなく文字盤に開けられたスリットになっており、そのスリットから見える色が針の代わりを果たしている。そしてこのスリットから見える色が時間に合わせて変化するのである。それは深夜なら黒と青の混在した色に、昼間なら赤や黄色といった色に、夕方なら紫がかった色に、といった具合に1日の空の色に対応しているというわけだ。アナログ式の時計の場合、デジタル式時計と異なり24時間表示はできないのが一般的だが、この時計の場合は昼間と夜間で時針の色が異なるため、それを可能にしている。また、時間を読まなくても自信を色を見るとことで直感的におおよその時間がわかる、というのも特徴だろう。現時点ではプロダクトデザインのみの公開の段階のようだ。

■自然を手にするボックス型デジタルサイネージ『Weather Cube』

「まるで自然を自分のものにしたよう」そんな風に感じるプロダクトデザインが公開されている。『Weather Cube』は時間や気温とともに、その時の天気を「水の動き」で表示する天気予報計。どういうことかというと、晴天の時はボックス内の水に動きはない一方、雨の時は気泡が立っていたり、風の強い日は水が波打っている。また、霧の日はボックス内に霧が立ち込めている、といった具合にまるで外の様子を切り取ってボックス内に出現させるようなデジタルサイネージなのである。同じような光景を出現させる点でこれほど直感的に天気を教えてくれるものは他にないのではないか、と思わせる。ぜひとも製品化してもらいたいものの1つだ。

text/Wataru KOUCHI

@DIME編集部

最終更新:2/14(水) 18:31
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2018年7月号
5月16日発売

定価780円

イチ推しギア100
ズボラ男のためのボディーメイク術
超かんたんスマートキャンプ入門
特別付録 ハンドスピナー