ここから本文です

ライフスタイルアクセント、ホワイトプラス… 工場と客をつなぐ「アパレルベンチャー」

2018/2/14(水) 17:25配信 有料

週刊東洋経済

銀座の店舗では全商品・サイズの試着ができる(撮影:梅谷秀司)

<2017年2月18日号> 日本のアパレル工場を再生
工場直販の衣服を消費者に提供する「ファクトリエ」を展開するのはライフスタイルアクセント創業者の山田敏夫CEO(34)だ。熊本の実家は老舗婦人服店、幼少期から服に囲まれて育った。

20歳のときにフランスに留学し、「グッチ」のパリ店で働いた。「日本には本物のブランドがない」という同僚の言葉が起業のきっかけだ。世界に誇れるブランドを作ると決めたのは29歳。資本金は50万円、従業員は山田氏1人でスタートした。最初に協力を取り付けたのは地元の熊本・人吉のシャツ工場だった。これまでに訪れた全国の工場は600以上。徐々に提携工場を増やしていった。 本文:1,090文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

菊地 悠人 :東洋経済 記者

最終更新:2018/2/14(水) 17:25
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

もっと見る