ここから本文です

▶▶Part3 崩壊回避へ企業も必死 長距離ドライバー枯渇で幹線輸送の危機

2018/2/14(水) 17:28配信 有料

週刊東洋経済

長距離トラックドライバーは労働環境の厳しさから担い手不足が深刻だ(読売新聞 / アフロ)

<2017年3月4日号> 「トラックドライバーを辞めたいと思ったことはない。けれど、子どもがドライバーになりたいと言ったら反対する。一つ間違ったら命を落とす仕事。親心としては賛成できない」

鹿山静男さん(50・仮名)は29年にわたり幹線輸送を担っているベテランのトラックドライバーだ。幹線輸送は、東京や大阪、福岡、札幌など各区域内の拠点に集荷担当者が集めた荷物を車両総重量11トン以上の大型トラックに詰め込んで、別の区域の拠点に運ぶ役割を担う。 本文:3,394文字 写真:7枚 ...

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

鈴木 良英 :東洋経済 記者

最終更新:2018/2/14(水) 17:28
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

もっと見る