ここから本文です

文系でもスッキリわかる AIテクノロジー 基本のキ

2/14(水) 17:54配信 有料

週刊東洋経済

<2017年7月8日号> AIと聞いて、何を思い浮かべるだろうか。iPhoneの音声アシスタント・Siri(シリ)?  史上初めて名人棋士に勝利した将棋AI・ポナンザ(下写真)?  映画『2001年宇宙の旅』のHAL9000?  どれもAIだが機能や用途に違いがある。

(注)本稿を監修したHEROZはAIベンチャー。将棋AI・ポナンザを開発した

私たちがAIと呼ぶ対象には、さまざまな概念や技術が入り交じっている。基本理解のスタートとして、まずAIと呼ばれているものの仕分けから始めよう。 本文:5,072文字

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込216
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:2/14(水) 17:54
週刊東洋経済