ここから本文です

ヒカル騒動で注目された“個人版ICO“ 「VALU」のビジネスモデル

2018/2/14(水) 18:17配信 有料

週刊東洋経済

<2017年11月4日号> 「自分自身の価値」を表したトークンを売り出すことで、個人が資金を直接調達する。それを可能にしたサービスがVALU(バリュー)だ。VALUのトークンにも流通市場が存在し、時価で取引される。これは一般的なICOの構図と似たものだ。

その仕組みを見てみよう。「MY VALU」の発行を申請すると、その人の「時価総額」が算出される。尺度となるのは、フェイスブックやツイッターなどSNSのフォロワー数だ。次にVALU社は発行申請者に「VA」という細分化された“模擬株式”を与える。申請者は、VALU社が運営する市場でVAを売り出せる。売り出し価格は自ら設定でき、買い手が見つかれば資金を集められる。なおVAはビットコインでしか購入できない。 本文:1,392文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

関田 真也 :東洋経済オンライン編集部 記者

最終更新:2018/2/14(水) 18:17
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

もっと見る