ここから本文です

行動経済学を知る者はビジネスをも制する!  対談|ライザップ瀬戸社長×大竹文雄教授

2/14(水) 18:19配信 有料

週刊東洋経済

<2017年11月25日号> 高い成功率をうたい急成長を遂げた、会員制ダイエットジムのRIZAP(ライザップ)。同グループの瀬戸健社長と、行動経済学会常任理事を務める大竹文雄・大阪大学教授の対談を通じて、人間の心理を解明する。

──ライザップのメソッドは、糖質制限による食生活の改善と筋トレが柱。ダイエットの正攻法ですが普通は続きません。なぜ効果が出るのでしょうか。

瀬戸 秘密はゴール設定にあります。どうしてやせたいのか。健康になりたいのか、美しくなりたいのか。それはどんな体なのか。会員とトレーナーで最初にしっかりコミュニケーションをして、ゴールのイメージを固める。ここから始まるのです。 本文:4,827文字

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込216
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:2/14(水) 18:19
週刊東洋経済