ここから本文です

川崎相手だと、上海上港でも守る。公式戦2連敗は「心配する必要ない」。

2/14(水) 17:01配信

Number Web

 J1王者が敗れたACL開幕戦を見ながら湧き上がったのは、「フロンターレ、大丈夫か」といった懸念などではなく、「あの上海上港でもフロンターレに対しては守ってくるんだ」という驚きと、「相変わらずスロースターターだなあ」という苦笑だった。

 川崎フロンターレにとって3日前の富士ゼロックススーパーカップに続く、公式戦2試合目。2月13日にホームに迎えたのは、昨年のACL準決勝で浦和レッズと激闘を演じた上海である。フッキやオスカルといった元ブラジル代表選手を擁し、攻撃力はアジア屈指――。その上海を、川崎が押し込んでいた。

 注目の攻撃陣は、1トップに昨季のJ1得点王にしてMVPの小林悠。右サイドハーフは家長昭博で、トップ下に中村憲剛。そして、FC東京から復帰した大久保嘉人が、左サイドハーフに入った。

 試合が動いたのは23分、左サイドからのクロスをエウケソンにトラップされ、ボレーシュートを叩き込まれた。マークに当たった谷口彰悟が、序盤の接触プレーでコンタクトを落とすアクシデントの中で許したゴールだった。

 川崎に逆転のチャンスがなかったわけではない。33分にエウシーニョのクロスから中村が放った渾身のヘディングと、70分に大久保のスルーパスから家長がふかしたシュートが決まっていれば、結果は違うものになっていたはずだ。だが、このまま0-1で敗れ、川崎はスーパーカップに続き、公式戦2連敗になった。

スロースタートはいつものこと。

 もっとも、川崎のスロースタートは例年のことで、念願のリーグチャンピオンに輝いた昨季でさえ、シーズン序盤は勝ち切れない試合が続いた。

 「昨年も同じようなスタートだったけど、悩みのタネの質が全然違いますね」

 そう語るのは、中村である。例えば、昨季のACL開幕戦である水原三星。この試合でも川崎は1-1のドローに終わり、勝点3を掴めなかった。

 「昨年の水原戦は攻撃の部分がまるで噛み合わず、これはヤバいなと思っていた。それと比べて、今の問題はちょっとしたこと。イメージをすり合わせれば、解決できる」

1/3ページ

最終更新:2/14(水) 17:01
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

946号
2月15日発売

特別定価620円(税込)

EUROPEAN FOOTBALL MANIACS 2018

ロシアW杯の主役を探せ
レジェンドが語る欧州最新最強プレイヤーファイル。