ここから本文です

「定年後」を10倍楽しむ方法――「自分にとって大切なこと」を再発見した6人の教え【全文公開】

2/15(木) 5:00配信 有料

文春オンライン

「定年後」を10倍楽しむ方法――「自分にとって大切なこと」を再発見した6人の教え【全文公開】

新芥川賞作家・若竹千佐子氏

「60歳くらいになったら、自分のために生きることを考えたほうがいい」と語るのは、新芥川賞作家の若竹千佐子さん。定年後に迷いを抱える人は多いが、第2の人生を迎えた著名人はどう過ごしているのか。柴門ふみ、藤子不二雄A、鈴木史朗ら各氏に聴いてみた。

◆ ◆ ◆

 人生の後半戦をどう生きるか――。

 定年退職を迎えた60代のサラリーマンや子育てを終えた主婦たちには、平均余命からすると20年以上の時間がある。

 大手生命保険会社での会社員時代を経て、定年後のサラリーマンの生き方を取材してきた楠木新氏(ベストセラー『定年後』の著者)が語る。

「大企業でバリバリ働いている会社員でも、実は『若い時に比べて成長している実感が得られない』『仕事をしていても社会の役に立っていると思えない』などと、迷いを抱えている人は多い。こういう方が定年を迎えた時に、『これからどう生きればいいんだ』と悩んでしまうのは当たり前です。

 取材をしてきてわかったのは、実は、その答えは本人が生きてきた時間の中にある場合が多いということ。子供の頃に無邪気に好きだった事や、仕事に追われてないがしろにしてきた夢をもう一度思い出してみて下さい。

 現役時代とは違う“もう一人の自分”が見つかるのではないでしょうか。定年後の人生は、真正面から自分と向き合うことから始まるんです」

 本当にやりたかった仕事、一度は住んでみたかった街、寝食を忘れて夢中だった遊び……。今回、話を聞いた6名の著名人は、いわゆる「定年」がない方も多いが、人生の第2ステージに入った後に、「自分にとって大切なこと」を再発見していた。 本文:7,659文字

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

「週刊文春」編集部

最終更新:2/15(木) 5:00
記事提供期間:2018/2/15(木)~6/16(土)
文春オンライン