ここから本文です

くりぃむ上田晋也が手作りチョコ批判「グレードダウンさせるな」

2/16(金) 11:00配信

SmartFLASH

 2月10日放送の『サタデージャーナル』(TBS系)でくりぃむしちゅーの上田晋也がバレンタイン文化に憤慨した。

「女性に怒られるのは重々承知で……手作りチョコを持ってくる方は、『何してんの』と思う。メーカーさんはベストの状態で発売してきて、それを溶かして、手間暇かけて何グレードダウンさせてるんだ?」

 義理チョコのお返しにも独自の見解を示した。

「必ず返します。女性はチョコレートって決まってるから楽。ホワイトデーは何あげていいかわからない。たとえば和菓子でも2年連続はない。チョコにチョコで返すのはおかしいし……ぶっちゃけ面倒くさい」

 上田は手作りのプレゼントに厳しく、2017年12月27日放送の『女が女に怒る夜』(日本テレビ系)ではパンを焼いてくる女性タレントを酷評。「まぁ、ほぼクソまずいよね。だったら、コンビニで買ってきてって思う」と言い放って笑いを誘った。
 
 そんな上田だが、人には豪華なプレゼントを贈ったことがある。2017年2月3日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)で、ピコ太郎のプロデューサー・古坂大魔王が不遇時代、上田が自腹でCS番組を立ち上げてくれたエピソードが明かされた。

 古坂は「一番つらかった当時、『番組に出る』『カメラの前で喋る』っていう行為をやらなきゃダメだっていうことで、番組まで作ったのが、くりぃむの上田さんなんです」と告白。

 その番組は2006年開始の『上田ちゃんネル』(CSテレ朝)。上田が「スポンサーがいなかったら、俺がやる」と言い放ち、「古坂っていうね、とんでもないヤツがいるんだ。そいつと俺で喋りたい」と男気を見せ、放送開始。現在も放送されている。

 たしかに、こんな豪気なプレゼントに比べれば、手作りチョコはランクが下がるかもしれないが、人からもらう物にはもう少し寛容になってもいいのでは。

最終更新:2/16(金) 11:00
SmartFLASH