ここから本文です

【岡田彰布のそらそうよ】「今は沖縄でキャンプ取材中。阪神・ロサリオはやはり四番やろ。気がかりは藤浪の投球とセンターラインを誰にするか、や」

2018/2/17(土) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

ロサリオは走塁意欲、選球眼はしっかりしてる

昨年3勝に終わった藤浪が復調しない限り阪神の優勝はないやろ。小さくまとまらずダイナミックに投げてほしいわ/写真=早浪章弘

 1年ぶりの沖縄である。青い空、青い海。いいもんだ。2003年、阪神は星野(星野仙一)さんが監督のときに、初めて沖縄キャンプを張って、オレが監督のときもずっと沖縄。すっかりおなじみとなったし、やはり暖かいのはありがたい。ところが……、寒い。2月5日に沖縄に入り、6日の第2クール初日、気温は14度だったけれど、ブルブル震えた。

 そんな寒さを吹き飛ばしてほしいと、まずブルペンをのぞいた。特にセットアッパー、クローザーなど中継ぎ陣は人材が豊富で、あらためて驚いた。これなら十分に戦えると、この段階で感じた。

 デイリースポーツの評論の仕事よ。第2クールからという日程は、実戦を見られるから。現代のプロ野球、早いうちから紅白戦や練習試合が行われる。昔のように、体が出来上がってからの実戦というスケジュールは通用しない。1月までに体を作り、キャンプインと同時に実戦に移れるという形を作っておかないと、話にならない。ということで2月7日の紅白戦を見る。

 注目はもちろん四番候補のロサリオ・・・ 本文:2,367文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込220

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:2018/2/17(土) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る

Yahoo! JAPAN 特設ページ