ここから本文です

勉強への抵抗をなくすには? Phaさん流「勉強する時に大切な3つの軸」とは

2/17(土) 22:10配信

ライフハッカー[日本版]

僕は小さい頃から、ほとんど何かをがんばったことがない。

自分が人より根性や体力がないのには自信がある。みんなで一緒に何かをすると、いつも一番先に「疲れた」とか「だるい」と言ってサボり出すタイプだ。

【画像】勉強への抵抗をなくすには? Phaさん流「勉強する時に大切な3つの軸」とは

決して勤勉じゃないし、決まった時間に起きられないし、部屋も散らかっているし、ちょっと活動するとすぐに横になって休んでしまう。

だけど、そんな僕が今までの人生で、京大現役合格をしたり、会社を辞めて無職になってからもブログが人気ブログになって、5年間で5冊の書籍の出版に至ったり、シェアハウス「ギークハウス」の運営を10年間続けているなど、大体のことはなんとなくやっているうちにうまくいった。

うまくいった理由はたぶん、「人より我慢強さがないからこそ、しんどいことを避けてうまくやるやり方をしっていた」から。そして、たまたま人生の早い段階で、「勉強を楽しむやり方を身につけることができた」からだ。

(「はじめにーーなんとなく楽しんでいるやつが一番強い」より)

こう明かしているのは、『人生にゆとりを生み出す 知の整理術』(pha著、大和書房)の著者。上記のように自由な生き方をしていることで有名な人物ですが、最新刊である本書のテーマは、「がんばらずに、なんとなくうまくいく勉強法」。自身が普段から実行しているそのメソッドを伝えることにより、もっと自由にラクに生きられる人を増やしたいと考えているのだそうです。

勉強というのは、知識を整理して自分のなかに取り入れる行為。そして、勉強する能力さえ身につけておけば、いくつになっても、どんな状況になっても、「わりと人生やっていけるもの」だというのです。

知識があれば避けられる不幸が、人生には少なくないと著者。しかし残念ながら、たまたま知らないばかりに苦労し続けてしまっている人が多いのも事実。

だからこそ、

・普段から知識や情報に触れる習慣を持っているかどうか

・困ったときに自分でちょっと調べてみるという行動パターンを持っているかどうか

・わからないときは、どこでどういうふうに質問すれば答えが見つかるかを知っているかどうか

など、「勉強への抵抗のなさ」を身につけておくことが重要。そうすることによって、人生は変わるものだという考え方です。

ところで著者には、なにかを勉強する際に大事だと考えている3つの軸があるのだそうです。そこできょうは、本書の核というべきそれらを確認してみることにしましょう。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。