ここから本文です

»»転職編 ライフ・シフト達成のカギ(2) すぐに見直したい職務経歴書

2018/2/17(土) 7:01配信 有料

週刊東洋経済

転職の入り口ともいえる職務経歴書。書き方のポイントは、早いうちに押さえておきたい

<2018年2月17日号> 「キャリアには自信があるのに、書類選考で落ちてしまう」。そんな転職希望者は少なくない。中でもミドルの職務経歴書について、119人の転職コンサルタントの54%が「どちらかというと改善すべき」「改善すべき」としている。ここでは、特にやってしまいがちな四つの失敗について、問題点と対策を紹介する。

■どれだけ自信あってもアピールは簡潔に

まず、キャリアの棚卸しが不十分なケースが多い。自分がどのような業務にかかわったか、何ができるか、なぜ転職するのか。なるべく具体的に棚卸しして、そこから情報の取捨選択を行うことが重要だ。 本文:719文字 写真:3枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込55

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

天野 博文 :エン・ジャパン ミドルの転職 事業部長

最終更新:2018/2/17(土) 7:01
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

もっと見る