ここから本文です

羽生結弦、涙!66年ぶり五輪連覇! ソチから1464日、五輪史に伝説刻んだ

2/17(土) 14:07配信

THE ANSWER

フィギュアスケート男子フリー、羽生が日本勢金メダル1号

 平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)は206.17点をマークし、合計317.85点。1952年のディック・バトン氏(米国)以来、66年ぶりの連覇を達成。オリンピック史に伝説を打ち立てた。今大会の日本勢金メダル第1号となった。宇野昌磨(トヨタ自動車)が銀メダルを獲得し、日本フィギュア史上初のダブル表彰台となった。銅メダルはハビエル・フェルナンデス(スペイン)。

【写真】「ユヅルを誇りに思う!なんて王者だ!」と祝福…プルシェンコ氏が公開した羽生の“連覇の3ショット”の一枚

 五輪シーズンに再演を決断した映画「陰陽師」の「SEIMEI」に乗せ、魂の滑りを見せた。大歓声に送られ、リンクに立った羽生。冒頭の4回転サルコーを決めると、続く4回転トーループ、3回転フリップも着氷。後半も4回転サルコー―3回転トーループを決め、4回転トーループ、3回転ループこそバランスを崩したが、痛めていたはずの右足で必死に耐えた。

 滑り終えると、右手を掲げ、会心の笑みを見せた。そして、最後は何度も何度も雄叫びを上げ、感情を爆発させた。思いを抑えることができなかった。最終演技者の宇野が2位に入り、金メダルが確定すると、採点を待っていた羽生の目から涙がこぼれ落ちた。

 苦しみを乗り越え、頂点を守り抜いた。昨年11月のGPシリーズNHK杯前日練習でジャンプに着氷した際に転倒。右足首の靱帯を痛め、戦列を離れた。故障直後には世界のスケーターにエールの輪が広がり、SNS上で続々と声が上がった。以来、公の場から姿を消し、リハビリに専念。GPファイナル、全日本選手権を回避し、今大会も団体戦も出場せず、すべてを連覇に捧げてきた。

 11日に現地入りした際には、空港で複数の警備員に取り囲まれ、まるで国賓のような待遇が話題を呼んだ。それも1952年にバトン氏が達成して以来、半世紀をゆうに超える快挙を目指す王者の注目度の高さの裏返しだった。118日ぶりにぶっつけで挑んだ前日のSPでは111.68点をマーク。感動の復活劇を演じ、世界に「君は神様からの贈り物だ」などと称賛の嵐を巻き起こしていた。

 19歳だったソチ五輪で金メダルを獲得した2014年2月14日。あれから4年、1464日の時を経て、幾多の苦難を乗り越え、強くなった23歳はこの日、伝説になった。

THE ANSWER編集部

最終更新:2/18(日) 17:12
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。