ここから本文です

開始8秒でまたも衣装がはだける フランスペアにあわやのハプニング

2/19(月) 16:59配信

THE ANSWER

開始8秒でフランスのパパダキスの衣装の首のホックが外れるハプニング

 平昌五輪は19日、フィギュアスケートのアイスダンスショートダンスが行われ、またも衣装がはだけるアクシデントが発生した。

【写真】開始8秒でハプニングも…迫真の演技を披露するパパダキス

 フランスのガブリエラ・パパダキスと、ギヨーム・シゼロン組の演技中だった。演技開始直後、わずか8秒でパパダキスの衣装の首のホックが外れてしまった。

 そんなハプニングをものともせず、息の合った滑りをみせる2人。演技中にズレを直そうとするも、終盤には背中から胸元付近まで露出しかけるようなシーンもあった。それでも堂々たる演技で、81.93点をマーク。2位で20日のフリーに進んだ。

 11日に行われた団体の同種目でも、韓国のミン・ユラが鮮やかな真っ赤なコスチュームの背中の部分のつなぎ目が外れた。衣装をずらそうと対応したが、事態は収拾できず、ターンやジャンプの度に両肩の外れた衣装が羽のようにヒラヒラと舞った。最後はパートナーのガメリンが左手でミンのコスチュームを押さえながらフィニッシュ。大きな話題を呼んでいた。

THE ANSWER編集部

最終更新:2/19(月) 16:59
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。