ここから本文です

韓国の一般市民はどう思ってる? 平昌五輪「南北和解」の本音

2/20(火) 19:05配信

ニューズウィーク日本版

<平昌五輪で北朝鮮との友好の機運が高まっているが、分断から70年を経た韓国内には「南南分断」という障害も存在する。外国人には分かりにくい、韓国人の真意を現地で聞いた>

ピョンチャン(平昌)冬季オリンピック開幕直後の2月11日、パク・ミンキュ(36)は韓国東南部の浦項(ポハン)市から北に約200キロ離れた五輪会場の江陵(カンヌン)市に妻と2人の子供を連れてやって来た。目的は一生に一度巡り合えるかどうかの世界的アスリートの祭典を、4歳と9カ月の子供に体感させること。五輪に合わせて行われる北朝鮮と韓国の南北文化交流イベントには正直、それほど期待していなかった。

「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

江陵市では、韓国と北朝鮮の選手が伝統武術テコンドーの演技を合同で披露した。同じ民族が行う同じ武道ながら、パクの目には南北の違いがはっきり見て取れたという。

韓国選手の技量は素晴らしく、回し跳び蹴りや側面蹴りが印象的だった。対する北朝鮮の選手は力強いという印象だ。韓国では「板割り」で薄い板を使うことが多いが、北朝鮮の選手は6~7センチの板の後に10センチの板に挑戦。最初こそ失敗したが、2度目に成功した。

韓国人の中には北朝鮮に関心がありながら、人前でその思いを語ることをためらう人も少なくない。実際、韓国には北朝鮮国籍の人と会ったり、話したりすることを禁じる法律がある。パクも北朝鮮に関する政治的な質問では答えをはぐらかしたが、北朝鮮テコンドー選手が10センチの板を割った演技には、「あれは良かった」と感じ入っていた。

北朝鮮は平昌五輪に選手団だけでなく、金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長を団長とする総勢280人の代表団を派遣。女子アイスホッケー会場で南北合同チームを「美女軍団」が派手に応援した。北朝鮮の五輪外交攻勢はこれにとどまらず、同行した金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹の与正(ヨジョン)が特使として、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談。南北首脳会談のための訪朝を促した。

核とミサイル開発で世界に脅威を与える北朝鮮と目の前で対峙しながら、これまで韓国はアメリカや中国、日本のはざまで外交の主導権を握ることができなかった。その韓国が五輪という平和の祭典を利用して、一気に交渉の主導権を握ったようにも見える。

頓挫していた南北対話の再開を公約に掲げた文が17年の大統領選で当選したのは、韓国人の間に少なからず北朝鮮との関係改善を望む気持ちがあるからだ。一方で、韓国の人々が分断されて70年もたつ北朝鮮の人々と簡単に抱擁できるわけがない、とも思える。

当の韓国人は本音ではどう考えているのだろうか。五輪をめぐって融和ムードが高まったかと思えば、女子アイスホッケーで南北合同チームが結成されると韓国内では賛否が真っ二つに分かれた。そんな姿を見ると、南北問題における韓国人の真意はどこにあるのか、ますます分かりにくくなる。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2018-6・26号
6/19発売

460円(税込)

他の日本のメディアにはない深い追求、
グローバルな視点。
「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。