ここから本文です

ザギトワ、“20分後の世界新”を海外も続々速報「ほぼ完全無欠」「15歳が世界記録」

2/21(水) 15:10配信

THE ANSWER

女子シングルSP、先輩メドベージェワが出した世界記録を20分後に更新

 平昌五輪は21日、フィギュアスケート女子シングルのショートプログラム(SP)が行われ、15歳アリーナ・ザギトワ(OAR)が82.92点をマーク。3人前に世界女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)がマークした世界記録の81.61点をわずか20分後に更新し、首位に立った。15歳の天才少女が与えた衝撃は世界に広がり、海外メディアは「ほぼ完全無欠」「15歳が世界新記録」などと続々速報している。

【画像】笑顔の羽生結弦と華やかに、“姉妹”のメドベージェワと美しく…ザギトワがインスタグラムで公開した“豪華2ショット”写真

 その年齢は15歳。日本でいえば、中学3年生に当たる少女が五輪の大舞台で、世界を魅了した。前半は表現力で会場を惹きつけ、後半に固めた3回転ルッツ―3回転ループ、3回転フリップ、2回転アクセルと完璧な演技を見せた。滑り終えると会心の笑みがこぼれ、ガッツポーズを炸裂させた。

 キス・アンド・クライでスコアを待つ。そして、表示されたスコアは「82.92」。メドベージェワが20分前に出した「81.61」をあっという間に更新し、15歳の天才少女が堂々の首位発進を決めた。海外メディアもツイッター上で続々と快挙を発信している。

 米スポーツ専門局「NBCスポーツ」は「アリーナ・ザギトワが女子SPで驚愕のパフォーマンスが多発した中、(得点を)一番上に置いた」とハイレベル決戦で一番上を行った15歳を称賛している。

「ほぼ完全無欠」「アメージングな争い」「真っ向からメドベに挑んだ」

 米スポーツ専門誌「スポーツイラストレイテッド」は「ほぼ完全無欠。15歳アリーナ・ザギトワが女子SPで首位の座に立った」と速報し、米スケート専門メディア「icenetwork」は「アリーナ・ザギトワが明確に真っ正面からエフゲニア・メドベージェワに挑んでみせた」と同門の先輩との名勝負を評している。

 また、国際スケート連盟(ISU)は「15歳のロシア人、アリーナ・ザギトワがSP世界新記録を樹立」と伝え、五輪公式アカウントも「女子SPのアメージングな争い。アリーナ・ザギトワが世界新記録、エフゲニア・メドベージェワが世界2位の記録を叩き出した」と報じている。

 70点超が6人飛び出した異次元の決戦でも、若き15歳の逸材はひときわ輝きを放っていた。

THE ANSWER編集部

最終更新:2/21(水) 15:13
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。