ここから本文です

「サトコは神がかっている」「ザギトワは感銘的」 異次元バトルに海外名手たちも喝采

2/21(水) 17:18配信

THE ANSWER

ザギトワ&メドベージェワは80点越え…上位5人が自己ベスト更新のハイレベル決戦

 平昌五輪は21日、フィギュアスケート女子シングルのショートプログラム(SP)が行われ、上位陣は異次元の争いは展開。世界選手権2連覇中の女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)が25番手で81.61点をマーク。11日の団体で記録した自身の世界最高得点をさらに更新したが、3人後に登場した同門の15歳アリーナ・ザギトワ(OAR)は82.92点をマーク。わずか20分後に世界記録を更新してみせた。

【画像】笑顔の羽生結弦と華やかに、“姉妹”のメドベージェワと美しく…ザギトワがインスタグラムで公開した“豪華2ショット”写真

 この2強の異次元の戦いのみならず、上位は極限のハイレベル争いだった。3位のケイトリン・オズモンド(カナダ)、4位の宮原知子(関大)、5位の坂本花織(シスメックス)まで上位5人がノーミスの演技で自己ベストを更新。まさに4年に一度の祭典にふさわしい演技が続いた。

 この歴史的なハイレベル決戦に、海外の名スケーターたちも続々ツイッターで反応。男子シングルで羽生結弦(ANA)が達成するまで、最後の五輪連覇達成者だった、“レジェンド”ディック・バトン氏は「ザギトワ 芸術性、テクニック、ドラマ性、力強さ、すべてのエレメントは誰もが欲するものだ」とトップに立ったザギトワを絶賛。

 ソチ五輪団体銅メダルで、全米選手権を2度制している、グレイシー・ゴールドは宮原の演技をたたえた。「サトコはあまりに洗練され、鍛錬されている。すべての動きに目的がある。彼女の中身が神がかっていることはいうまでもない。ファンタスティックに見えた」と賛辞を並べた。

「何人かが衝撃的なスケートを今日見せてくれた」とワグナー

 またメドベージェワについても言及。「エフゲニアは自分がみていて神経質にならない1人。彼女の自信を感じるわ」と女王の風格を感じ取っていた。

 ソチ五輪団体銅メダリストで、全米選手権を3度制したアシュリー・ワグナーは「何人か衝撃的なスケートを今日見せてくれた。個人的にはケイトリンがこのイベントで輝ける星だった。ザギトワもとても感銘的なスタートになった。何が起こるか注視しないといけないわ」と3位だったオズモンドを“輝ける星”と称し、15歳の天才少女にも熱視線を送っていた。

 空前のハイレベルの戦いが展開されたSP。23日のフリーでは、いったいどんな頂上決戦が行われるのだろうか。

THE ANSWER編集部

最終更新:2/21(水) 23:35
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。