ここから本文です

韓国女子パシュート、同じメンバーでポーランドに敗戦 準々決勝で“内紛”騒動も

2/21(水) 20:59配信

THE ANSWER

批判を受けた韓国女子パシュートチーム 同じメンバーで臨むもポーランドに敗戦

 平昌五輪は21日、スピードスケート女子チームパシュート(団体追い抜き)が行われ、チーム内の“不和”で準決勝進出を逃し話題となった韓国がポーランドとの7、8位決定戦に敗れ、8位に終わった。

【一覧】日本は史上最多11個目確定! 女子パシュートは金か銀か… <平昌五輪 メダル獲得ランキング(20日終了時点)>

 韓国は準々決勝と同じオーダーで臨んだ。1周目からペースを上げられず。今回は特定の選手が遅れることはなかったが、ポーランドに4秒19差をつけられた。

 19日に行われた準々決勝で韓国は8チーム中7位となり、準決勝進出を逃した。リンクを計6周する競技。韓国は残り1周の場面でスパートしたが、最後尾を滑っていたノ・ソンヨンは前を滑るキム・ボルムとパク・ジウに大きく離される形でそのままゴール。パシュートは最後の走者のタイムが採用されるため、ノ・ソンヨンを“無視”するように、前を滑ったキム・ボルム、パク・ジウに対して、韓国国民から怒りの声が上がっていた。

 波紋は広がり、韓国のスポーツ紙「スポーツソウル」は、この2選手に対して、国家代表資格のはく奪を求めた嘆願運動が起きたことも報道。騒動後のレースとあって、注目が集まっていた。

THE ANSWER編集部

最終更新:2/21(水) 21:38
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

Yahoo!ニュース特設ページ