ここから本文です

ジダン監督「レアルに永遠に残るため戦う」。優勝遠のくも辞任のつもりなし

2/21(水) 20:03配信

フットボールチャンネル

 欧州ではチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)の決勝トーナメントに話題が集中しているが、レアル・マドリーは現地時間21日に1試合消化の少ないリーグ戦のレガネス戦に臨む。

【動画】豚の頭が宙を舞う!バルセロナを激怒させた禁断の移籍とは…

 すでに優勝戦線からは遠ざかってしまっているマドリーだが、ジネディーヌ・ジダン監督の頭には辞任などの考えは一切ないようだ。20日の記者会見の様子をスペイン紙『マルカ』などが伝えている。

「私はこの仕事に疲れるまで続ける」と述べたジダン監督は「私はここに永遠に残るために戦う。もし私が(来季以降も)続けるなら、シーズンが終わる前にあなた方に言うだろう」と、即座の辞任を真っ向から否定した。

 解任論や辞任論などジダン監督の周囲には、去就にまつわる話題が常に付きまとう。さらに今季はライバルのバルセロナに大きく引き離され、リーグ優勝の可能性は限りなく低くなってしまった。CL3連覇の偉業に挑むことが、今季の唯一の希望と言ってもいいだろう。

 レガネス戦の結果しだいで、14試合を残して首位バルセロナとの勝ち点差は17ポイントのまま縮まらず、3位バレンシアや2位アトレティコ・マドリーとのCL出場権争いでも遅れをとることになってしまう。後ろからはセビージャも迫ってきている。

 マドリーでの仕事を続けたいジダン監督の思いは選手たちに届くだろうか。過密日程の中ではあるが、レガネス戦は本物の強さを取り戻すために重要な一戦だ。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)