ここから本文です

パシュート日本、王国に認めさせた底力 オランダ選手も脱帽「日本の方が強かった」

2/22(木) 12:56配信

THE ANSWER

メダル量産のオランダ撃破…1500m銅の強敵も完敗認める「すべてを出し切った」

 平昌五輪は21日、スピードスケート女子パシュートで日本が五輪新記録でオランダを破り、金メダルを獲得した。今大会メダルを量産しているスケート大国の相手選手も「日本が単純に今日は私たちより良かった」「すべてを出し切ったけど、日本の方が強かった」と脱帽し、力負けを認めている。オランダメディアが伝えている。

パシュートで金メダル獲得の高木美帆らも…「日本代表 厳選20人美女ギャラリー」

 日本が総力を結集させて王国オランダを打ち破った。高木美帆、高木菜那、佐藤綾乃の3人で挑み、序盤はリードした日本は中盤でオランダに一度は逆転されながら、後半に盛り返して再逆転。そのまま歓喜のゴールに飛び込んだ。敗れたオランダも素直に完敗を認めるしかなかったようだ。

 オランダ紙「AD」によれば、1500メートルで銅メダルを獲得しているマリット・レーンストラは「これが私達の結果。良かったけど、足りなかった。日本が単純に今日は私たちより良かった。私たちはすべて出し切った」と全力を尽くした上で敗れたことを認めている。

 さらに「一瞬、私達の方が速かったが、彼女たちはすぐに修正した。試合前は金メダルも十分可能性があると思っていたが、残念ながら届かなかった」とレース中に3人で息を揃えて盛り返した日本の修正力を称賛している。

オランダ新記録でも届かなかった金メダル「すべてを出し切った。日本の方が強かった」

 また、動画で紹介されたインタビューでは「オランダ記録だったという意味ではいいタイムだったが、最後まで保てなかった。この部分は今後の課題。結果には満足している」と手応えを示しながら「すべてを出し切った。日本の方が強かった」と脱帽した。

「でも、もう少し違う結果を望んでいた。とはいっても銀だし、これが最大限やった結果なので今晩はお祝いをする」とレーンストラは銀メダルを受け止め、3000メートル銅メダリストのアントワネット・デヨングも「各個人としてはこのレースで全て出しきっていた。日本が単純に今日は私たちより良かった」と語っていた。

 今大会メダルを量産しているオランダ。そのスケート大国に対し、チームで争うマッチレースで破ったことは大いに価値があるだろう。強敵も日本のチーム力を認めていた。

THE ANSWER編集部

最終更新:2/22(木) 14:23
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。