ここから本文です

パシュート日本のオランダ人コーチが語った「日本とオランダの大きな違い」とは

2/22(木) 21:10配信

THE ANSWER

スケート大国撃破、日本のデビッドコーチが母国メディアに明かした“差”

 平昌五輪は21日、スピードスケート女子パシュートで日本が2分53秒89の五輪新記録で金メダルを獲得した。王国オランダを破っての戴冠に対し、相手のオランダメディアも「圧倒的に強かった日本」と完敗を認めていたが、15年から日本でコーチを務めるオランダ人コーチ、ヨハン・デビッド氏は「日本とオランダの大きな違い」について明かしている。オランダテレビ局「NOS」が報じている。

パシュートで金メダル獲得の高木美帆らも…「日本代表 厳選20人美女ギャラリー」

 日本は高木美帆、高木菜那、佐藤綾乃の3人で挑んだ。序盤はリードした日本だったが、中盤でオランダに一度は逆転された。それでも、3人の息の揃った動きは乱れることなく、後半に盛り返して再逆転。そのまま歓喜のゴールに飛び込んだ。見守ったデビッドコーチも格別な想いがあったようだ。

 記事によると、デビッドコーチは「僕は私たちが何をできるかわかっていたけど、途中緊張する展開になった。そのときには『またやらかさないよな?』とよぎった」と肝を冷やしたが「これは最高の結果だ」と語ったという。スケート王国からやってきたオランダ人コーチは、日本と母国の“差”についても言及している。

デビッドコーチが「これがオランダとの大きな違い」と明かしたものは…

「私たちには3、4、5人ほどチームとして滑れる選手たちがいる。おそらく、これがオランダとの大きな違い。他の国のようにオランダも、この競技をもっと真剣に取り組まなくてはいけないと思う」

 このように語ったという。日本はパシュートに対し、時間をかけて底上げに取り組み、誰が出ても遜色ないほどに強化を図ってきた。15年に就任したデビッドコーチも尽力。個々の能力では劣っていたとしても、年300日もチームで一緒に行動し、練り上げた絆を大舞台で発揮。そして、世界の頂点に立ったことは大きなインパクトを与えたようだ。

「今回、やっと美帆が1500メートルも勝つべきだったとわかるレースを見せてくれた。このメダルが少しはその分を補ってくれるだろう」と金メダル候補に挙がりながら銀メダルとなった高木美に対し、デビッドコーチはフォローもしたという。日本は個の能力とチームの団結を掛け合わせ、世界一に輝いた。

THE ANSWER編集部

最終更新:2/22(木) 21:10
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。