ここから本文です

日本企業DMMがベルギーのサッカークラブを買収。その狙いは何か?

2/23(金) 17:41配信

webスポルティーバ

 昨年11月15日、DMMグループはベルギー1部リーグ所属クラブ「シント=トロイデン」の経営権を取得したことを発表した。

【写真】事情通5人の「J1順位予想」

 1980年代の日本企業は欧米を中心に、世界中に販路と生産拠点を作っていた。その進出先で彼らはプロサッカーチームのメインスポンサーとなり、企業の知名度を上げていった。当時、「もしかしたらサッカーに関わる仕事ができるかも」と淡い夢を抱いた私は、そういった企業の面接を受けに行ったものだった。

 あれから40年近くが経った。

 日本企業は変わらずヨーロッパ中にあるし、今では有名・無名問わず日本人サッカー選手はいたるところでプレーしている。だが、日本の会社が欧州のサッカークラブを経営することは滅多にない。本田圭佑(パチューカ)が自身の会社『ホンダ・エスティーロ』を通じてオーストリアのSVホルンに経営参入しているが、それは極めて稀なケースだ。

 2004年にはインデックス社がフランスのグルノーブルを買収し、リーグ・アン昇格という成功を収めたこともあったが、会社の業績悪化によって志半ばでクラブを手放した。そのインデックス社はもうない。

 今回の経営権取得について、FC東京のGM職も務めた経歴を持つシント=トロイデンの立石敬之最高経営責任者(CEO)は、「チャレンジですよね。今後は指導者やトレーナーたちにもいろいろチャレンジさせたい」と抱負を語る。

「一番大事なのは、『現地のサポーターたちが求めているものは何か?』ということなので、(自分たちの力を)乱用しようとは思っていない。まずはユースレベルの交流から始めたい。トップチームに関しては、いきなり交流ということはできないと思うので、セカンドチームといったプレッシャーの少ないところから交流したいです」

 近年のシント=トロイデンには強化部門がなく、前オーナーのローラン・シャテレ氏がオーナーを務めるチャールトン・アスレチック(イングランド3部)、アルコルコン(スペイン2部)、カールツァイス・イェーナ(ドイツ3部)、そして息子のロデリック氏が運営するウーイペシュト(ハンガリー)の広いネットワークを使い、前GMのフィリップ・ボルスマン氏が補強を進めていた。ただ、ボルスマン氏はチームの経営面も見ており、クラブ運営の権限がひとりに集中しすぎていた。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
5月10日(木)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集『羽生結弦 王者の凱旋』
■仙台凱旋パレード
■平昌オリンピック名場面集
■世界選手権プレイバック