ここから本文です

羽生結弦のショートトラックに米ヤフーまで注目!? 「氷上で最高にイカした男だ」

2/24(土) 23:44配信

THE ANSWER

エキシビション練習中、5人で展開した“話題のレース”に米メディアも注目

 平昌五輪のフィギュアスケート男子シングルで66年ぶりの連覇を果たし、25日のエキシビションに向け、調整を進める羽生結弦(ANA)。練習の合間に各国選手と繰り広げたショートトラックレースで、ほほえましい“転倒劇”が金博洋(中国)のSNSで公開され、話題を呼んでいたが、これに海外メディアも注目。ユーモアたっぷりに伝えられ、存在感の大きさを示している。

【動画】最後に大逆転!? 羽生&宇野ら5人が白熱の攻防を展開…金博洋が公開した“ショートトラックレース”の一部始終

 なんとも、ほほえましいシーンだった。エキシビジョンに向けた練習でのひとコマ。リンクで羽生はミーシャ・ジー、金博洋、チャ・ジュンファン、宇野昌磨とともにショートトラックに見立てたレースをスタート。インから抜群なスタートで先頭に立ち、快調に飛ばしていた。ところが、第3コーナーでド派手にスピン。大の字で転がってみせ、大笑いしながらリンクを叩いていた。

 練習の合間に見せた名選手たちの貴重なオフショットの様子を金博洋がインスタグラムに動画付きで公開。日本のファンから「これ見たかった!」などと大反響を呼んでいたが、これに海外メディアも注目した。特集したのは、大手ポータルサイト「米ヤフースポーツ」だった。

「23歳にして、ユヅル・ハニュウは史上最も偉大なアジアの男子フィギュアスケーターになった」と記し、米国の伝説的スケーター、ディック・バトンが1952年に達成して以来となる連覇を果たした羽生を紹介。「言い換えるなら、ハニュウはこの地球の誰よりも氷上において最高にイカした男ということだ。フィギュアスケートを履いている限りは――」とつづり、さらに続けた。

“気をつけてよね”の声も…「羽生のいない大会はフィギュアの大会とは言えない」

 演技ではクールなオーラをまとった23歳が見せた、サービス精神旺盛な“転倒劇”の映像を紹介。その上で「彼は最近スピードスケートに挑戦してみた。彼は生まれた直後から成功させているかのように4回転ルッツに着氷するのだが、高速で周回するスキルは含まれていない」とユーモアを交え、伝えていた。

「平昌における新しい経験に対する彼の勇敢さが完全復活の道を危険に晒すことがないことを願うばかりだ。なぜなら、ハニュウのいないフィギュアの大会はフィギュアスケートの大会とは全くもって言えないからだ」

 もちろん、本人は安全に配慮はしているが、羽生がいない大会などフィギュアの大会じゃないと気を揉み、“気をつけてよね”との声を上げていたのだった。それも、五輪連覇を果たした王者の存在感ゆえだろう。流石の知名度を誇る23歳は、今大会のクライマックスとなるエキシビションの舞台でどんな演技を見せてくれるだろうか。

THE ANSWER編集部

最終更新:2/25(日) 1:48
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。