ここから本文です

戦術家ペップ、マンCと2年の契約延長へ。交渉開始の条件はタイトル獲得

2/24(土) 20:00配信

フットボールチャンネル

 マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督にクラブと契約を延長する可能性が浮上している。

【動画】目が点に…。史上最悪!?のオウンゴールがオセアニアで誕生

 グアルディオラ監督は、2016年の夏にシティの指揮官に就任。一年目はプレミアリーグ初挑戦ということもあり無冠に終わったものの、今季はチームを戦術的に進化させることに成功。現在は勝ち点72で首位を独走するなど圧倒的な強さを見せている。

 戦術的な革新をもたらすことでシティに更なる強さをもたらしたグアルディオラ監督だが、クラブとの契約は2019年の夏までと迫った状況にある。そこで現在、英紙『デイリー・メール』によると、シティ側は同監督との2年の契約延長を検討しており、それが実現すれば年俸は20億ポンド(約29億円)にアップするようだ。

 しかしグアルディオラ監督は、契約延長交渉開始の前に最低でもタイトルを1つとることを条件としている。現在シティにとって最も近いタイトルは、今月25日にアーセナルとの決勝が行われるカラバオ杯となっているため、グアルディオラ監督はまずはそこで契約延長のための条件をクリアしたいところだろう。

 これまで指揮を執ったバルセロナやバイエルン・ミュンヘンでは契約延長を行わなかったグアルディオラ監督だが、自身3つ目のプロクラブであるシティでのキャリアはこの先もさらに続いていくのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)