ここから本文です

「フジロック’17」出演アーティスト、編集部員の気になる19組

2/26(月) 2:01配信

WWD JAPAN.com

 日本のフェス文化の草分けである国内最大級の音楽フェス「フジロックフェスティバル '17(FUJI ROCK FESTIVAL'17、以下フジロック)」の開幕まで1カ月を切りました。7月28~30日の3日間で200を超えるアーティストが出演し、美味しいお酒とフェス飯を喰らい、大自然に囲まれ極上の音楽に浸れるということもあり、「フジロック」に行くために仕事を辞める人まで現れる“桃源郷的フェス”。そんな「フジロック」の出演アーティストは例年にも増して豪華な面々がラインアップ!そこで「WWD JAPAN.com」編集部が「時間が被ってる」「移動を考えろ」と言ったお声は無視して、独断と偏見で気になるアーティストを日別にピックアップ、紹介いたします!

DAY 1

Gorillaz

 初日は、1500万枚以上の売り上げを誇る“最も成功した架空のバンド”、ゴリラズ(Gorillaz)がヘッドライナーとして登場。イギリスのロックバンド、ブラー(Blur)でフロントマンを務めるデーモン・アルバーン(Damon Albarn)と、漫画家のジェイミー・ヒューレット(Jamie Hewlett)によるプロジェクトで、4月に発表したニューアルバム「Humanz」をひっさげての16年ぶりの来日公演となります!「フレッドペリー(FRED PERRY)」のポロシャツを愛用し、「メンズノンノ(MEN'S NON-NO)」 の表紙を務めた経験もあるファッションアイコン、デーモンの“モッズ”な着こなしに注目です。

THE xx

 1月に5年ぶりとなる待望のサードアルバム「I See You」をリリースし、ワールドツアーの一環としてザ・エックス・エックス(The xx)が苗場の地に!メンバーは基本、全員が黒で統一したファッション。特にボーカル&ベースのフロントマン、オリヴァー・シム(Oliver Sim)は、その端正な顔立ちとスタイルから「ディオール オム(DIOR HOMME)」の16年春夏キャンペーンのビジュアルに起用されことも。また、先日公開された「I Dare You,」のMVでは、「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」でチーフクリエイティブオフィサーを務めるラフ・シモンズ(Raf Simons)とフォトグラファーのアラスデア・マクレラン(Alasdair McLellan)とコラボし、「グラストンベリー・フェスティバル 2017(Glastonbury Festival 2017)」には「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」の特注衣装で登場するなど、ファッション業界からのラブコールが絶えません。

1/7ページ

最終更新:3/8(木) 11:58
WWD JAPAN.com