ここから本文です

女王ザギトワ、妖艶なトラに変身 ファン興奮の渦「どう見ても15歳じゃない」

2/25(日) 11:45配信

THE ANSWER

エキシビション、トラ柄の全身タイツで魅了「なんなの、この色気」

 平昌五輪は25日、フィギュアスケートのエキシビションが行われ、女子シングル金メダリストの15歳アリーナ・ザギトワ(OAR)がトラ柄の衣装で妖艶に演じ、ファンから「どう見ても15歳じゃない」「15歳でこの妖艶さ」などと興奮の声が上がっている。

【写真】15歳ザギトワが妖艶トラに変身!「平昌五輪 世界の厳選24人美女ギャラリー」

 とても15歳とは思えない、大人っぽさだった。エキシビションのクライマックス、ザギトワは最後から3番手で登場した。まとった衣装は黄と黒のタテジマが入ったトラ柄の全身タイツ。胸元の中央と太ももから背中にかけて割れたような大胆なデザインをほどこし、アフリカの民族音楽をイメージした楽曲で華麗な3回転の連続ジャンプを決めるなど、ファンを魅了した。

 ザギトワといえば、今季のショートプログラム(SP)では銀、フリーでは赤を基調にしたバレエのチュチュをモチーフにした衣装で舞う姿が印象的だった。エキシビションでは荘厳な印象を一変させたトラ柄の衣装を使用しており、グランプリ(GP)ファイナルでも日本のファンを驚かせていた。

 五輪で初めて目の当たりにしたファンも多く、ツイッター上では演技中から「どう見ても15歳じゃない」「15歳でこの妖艶さ」「艶めかしくてレベルが違う」「なんなの、この色気」と魅了され、興奮と恍惚の声が続々と上がった。

 今大会はSP世界最高得点を叩き出し、フリーも圧巻の演技を披露。同門の先輩、エフゲニア・メドベージェワ(OAR)を破り、史上2番目の若さで制した新女王。大会の最後は15歳とは思えない、妖艶なトラと化し、世界のファンを魅了して締めくくった。

THE ANSWER編集部

最終更新:2/26(月) 12:17
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。