ここから本文です

1億円超えか 衝撃的なトヨタの究極ハイブリッドカー

2/25(日) 12:00配信

Forbes JAPAN

数億円以上するハイパーカーの話になったとき、世界のクルマ業界で話題にのぼるのは、メルセデスAMGプロジェクト・ワンやレッドブル・レーシングのアストン・マーティンのヴァルキリーであって、日本のメーカーの車種の名前があがることはなかった。そう、これまでは。

【詳細】写真付きでこの記事を読む

トヨタ・GRスーパー・スポーツ・コンセプトが発表されたのは、去る1月の東京オートサロンでのこと。だれも、ハイブリッド車でトヨタがこんなクルマを出してくるとは予想もしなかった。

GRスーパー・スポーツは、世界耐久選手権(以下WEC)に出場するマシン、ル・マン仕様LMP1をベースにしたハイパーカーで、1000psのハイブリッドだ。ただし、もうすぐ発売になると期待してはいけない。というのは豊田章男社長は、GRスーパー・スポーツは今のところ、単なるコンセプトだと強調したからだ。ただし、遠くない将来に市販車を発売する考えがあるとも言っている。

この託宣は、同社を未知の領域に踏み込ませた。これまでにトヨタはその高級ブランド、レクサスから限定版LFAというスーパーカーを出してはいるが、それはおよそ4000万円台であり、1億円を越すモデルはなかった。そこに登場するのが、このGRスーパー・スポーツだ。

では、いったいこれはどんなクルマなのか? 確かなのは、トヨタがこれまでに作ったことがない、ラディカルで挑戦的なクルマだということ。外観が空力抵抗を抑えた流線型にデザインされた完全レース仕様のTS050ル・マン・カーを引き継いでいるだけでなく、それと同じレースカー並みのシャシー、同じツイン・ターボ2.4リッターV6ハイブリッドのエンジンを採用している。

GRスーパー・スポーツは、昨年4月に新しく設立されたガズー・レーシング社によるコンセプトだ。つまりガズー・レーシング社はレース活動を行うだけでなく、市販車のための高性能パーツやコムプリートカーを開発して販売する新事業。できる限り多くの顧客にアピールするために、トヨタの販売店の中に「GRガレージ」が設置されるわけだ。

1/2ページ

最終更新:2/25(日) 12:00
Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN
2018年7月号

株式会社アトミックスメディア

2018年7月号
5月25日(金)発売

890円(税込)

成功のヒントはフォーブスにあり!
Forbes JAPAN 無料会員に登録すると、すべての記事が読み放題。記事の保存や閲覧履歴チェック、プレゼントへの応募も可能に。