ここから本文です

“キング・カズ”に世界注目 51歳の誕生日…世界最年長の元日本代表FW称賛「永遠の冒険者」

2/26(月) 17:10配信

Football ZONE web

26日、51歳の誕生日を迎えた“キング・カズ”、伊メディアはキャリアを紹介

 日本サッカー界をけん引してきた“キング・カズ”の動向を世界有数の伝統国イタリアはいまだに注視しているようだ。J2横浜FCの元日本代表FW三浦知良(愛称:カズ)が26日に51歳の誕生日を迎え、イタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」では「カズヨシ・ミウラ、日本の冒険者。イタリアの第一人者」と特集。他のメディアも取り上げるなど注目を浴びている。

【写真】カズの足跡を追う! ピッチ内、そしてピッチ外でも“キング”は常にキング…レジェンド三浦知良ギャラリー

 同記事では「彼は15歳でブラジル行きの飛行機に乗り、CAジュベントスに加入し、その後はサントスFCでプレーした」と紹介。15歳で単身ブラジルへ渡ったカズは、85年11月に日本人初のブラジル公式戦に出場を果たすと、86年2月にサントスFCと日本人初のプロ契約を結んだ。

 90年に日本へ帰国し、読売サッカークラブ(後にヴェルディ川崎/現東京ヴェルディ)で一躍スポットライトを浴び、1994年7月にイタリア・セリエAのジェノアへ期限付き移籍。同記事では「ジェノアのオファーを受け、日本人として初めてセリエAでプレーする選手となった」と伝えている。

 ジェノアでのプレーは1シーズンのみだったが、「イタリアでの冒険を終えて日本に戻った後、ディナモ・ザグレブ、シドニーFWでもプレーし、横浜FCへ復帰した」とここまでのキャリアを記している。

「一般的には驚くべきことだが…」

 1月11日に横浜FCとの契約更新が発表されたなか、「一般的には驚くべきことだが、50歳で新しい契約を結んだ。そして今日、51歳となった」と言及。さらに「国際レベルの日本人選手の一人であり、永遠の冒険者でもある」と敬意を表している。

 また、AFCの公式ツイッターでは「誕生日おめでとう Kazuyoshi Miura!」と綴れば、米メディア「ヴァイス」メキシコ版の公式ツイッターも「カズヨシ・ミウラは、オリバーとベンジ(キャプテン翼)の作者にインスピレーションを与えた日本人」と記している。

 51歳となり世界から注目されているカズ。25日のJ2リーグ開幕戦、松本山雅FC戦(0-0)はベンチのまま出場機会がなかったものの、プロ33年目のシーズンを迎えた世界最年長選手は、今季どんなプレーを見せてくれるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:2/26(月) 17:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

あわせて読みたい