ここから本文です

江戸時代から戦後、現在に至るまで…社会における「大きなおっぱい」の受け止められ方

2/27(火) 11:00配信

週プレNEWS

女性の大きなおっぱいを「巨乳」と呼ぶようになってから、おおよそ30年が経とうとしている。いまだに巨乳に取って代わる革新的な俗称は登場していない。それにしても、我々はいつから大きなおっぱいに興味や関心を寄せるようになったのだろう。

アダルトライターにして、同ジャンルのメディア研究家でもある安田理央(やすだ・りお)氏は、著書『巨乳の誕生 大きなおっぱいはどう呼ばれてきたのか』で、西洋と日本の社会、アダルト界において、「大きなおっぱい」がどのように受け止められてきたのかを歴史的観点からふり返ると同時に、雑誌を中心とする膨大な資料を基に明らかにしている。

* * *

―昨年も、著書『痴女の誕生』で「美少女」や「熟女」など5つのアダルトジャンルを研究されてきましたが、今回は一冊丸ごと同一テーマという壮大さです。なぜ「巨乳」を?

安田 今では巨乳という言葉は普通に使われていますし、巨乳そのものも評価されていますが、僕がAVを見始めてアダルト関係の仕事に就いた80年代は、大きなおっぱいはあまりいい扱いを受けていなかったということを思い出したんです。

また当時、俗称として流行っていた「Dカップ」もすっかり死語になったな、と。今やCとDは、日本人女性に最も多いサイズで、特別に大きいというわけでもないですからね。そういったいくつかのネタをきっかけに、時代の変化や対比が面白いと思って、巨乳をテーマに一冊書いてみようと思ったんです。

―その変遷のなかで、江戸時代は大小にかかわらず、胸そのものが性的対象ではなかったというのが意外でした。

安田 世界史については先史時代の話から書いていますが、日本史は江戸時代の春画の誕生から書いています。西洋とは違って、日本は歴史をいくらさかのぼっても裸体画というものがほぼ存在していないんです。

古代ギリシャはアフロディテ思想に基づいて肉体の理想を求め、キリスト教は肉体そのものを罪とする教義がある一方で、イデオロギーの葛藤がない日本人は裸体を描く必然性がなかった。むしろ乳房を蔑視し、着衣のまま陰部を細かく描くことで性差を明らかにする傾向が大きかったんです。これは今日の日本のエロにも名残があって、「コスプレ」や「着エロ」といったジャンルは、春画の延長線上にあるものだと考えられています。

その後、日本人がグラマーと呼ばれる体形に目覚めるのは、戦後アメリカの文化が本格的に流入してからのことなんです。

―確かに、60年代後半にもなると「ボイン」と呼ばれ、大衆的なイメージすらあります。しかし、その後はどんどんマニアックな路線をたどっていくことになるわけですよね?

安田 大きなおっぱいが好きな男性というのは、マニアというより割と当時から普通にいたと思います。ただ、67年のボイン流行直後に海外で起こったウーマンリブ(女性解放運動)でトレンドがスレンダーに変わったことに加え、当時の日本で蔓延(まんえん)していた「おっぱいがデカい女=頭が悪い」といった空気が作用したことで、なかなか世の男性たちは公言しづらくなってしまったのだと思います。当時は今で言うSM好きを公言するくらいには変態扱いされていたと言っていいかもしれません。

一方でアダルトメディア側も、買う人が恥ずかしがるということで、大きなおっぱいをウリにする流れは起こりませんでした。何しろSM雑誌はたくさんあったのに巨乳専門誌は一冊もなかったんですから。なので、それまで洋ピン雑誌だった『バチェラー』が80年頃に巨乳専門に路線変更した途端に、ウワーッと人が集まったんです。



―メディア側も10年近くはそれほど大きな動きを見せなかったんですね。

安田 そうです。「メディア側がユーザーの要望に気づいていなかった」というのは大きいと思います。よくエロって「革新的だ」とか「実験的だ」などといわれるんですけど、実はメディアもユーザーも案外、保守的なんです。「熟女」や「ギャル」も昔から好きな人はそれなりにいたのに、作り手側が「こんなの好きなヤツいない」とか「売れねぇよ」と勝手に思い込んでいることも多かったですからね。

とはいえ、やはり90年代まではエロの世界も雑誌が時代をつくっていて最高に面白かったですね。テレビも今よりラジカルでしたし。それに比べて、今は“仕掛ける”というのがすごく難しくなっていると思います。

―それはわかります。ただ、ネットだとユーザーも保守的になる必要がなく、むしろポジティブな面が多いのでは?

安田 いや、実はそうとも言い切れないんですよ。例えばネットで巨乳を見放題となると、当然ながら感覚もまひしてきます。今はGカップを超えないと巨乳じゃないといわれる「巨乳インフレ」の時代です。現実の性行為に関心を失う若者が多いともいわれていますが、そこには根っから性に関心がない人だけではなく、現実とファンタジーの落差になえてしまうケースもあるんですよ。

よく、AVのようなセックスをする男に興ざめする女性がいますが、最近は女性もAVを手軽に見られるようになったため、女性側が「AVみたいに感じない」「相手のリアクションが悪い」といった悩みを抱えるケースも増えてきているんです。

―これからますますエロのハードルが高くなると思うと、恐ろしい気もしますね。

安田 そうですね。これはもう、巨乳に限らずいえることです。89年から90年代にかけて、「巨乳」は一大ブームを巻き起こしましたが、ここ10年近くはブームも起きていません。

今後はおそらく、VRも超えて、CGや実写での組み合わせで好みの女性がつくれるようになっていき、AV女優も初音ミクのようになる時代が来るのではないかと思います。到達点などもなく、どんどん好みが細分化していくでしょうね。

―そうなると、大きなおっぱいの変遷やブームをまとめた本書の刊行は、まさにベストタイミングだったといえますね。

安田 そうですね。また、資料集めの観点からも、AV流通の“5年ルール”が施行されれば、過去の作品は調べづらくなりますし、成人雑誌のバックナンバーも、それを扱う古書店が徐々に数を減らしている。これからは調べづらいものというのもたくさん出てくると思いますから、そういった意味でも、この後にタイミングはなかなかないような気がしますね。

(撮影/五十嵐 和博)

●安田理央(やすだ・りお)
1967年生まれ、埼玉県出身。ライター、アダルトメディア研究家、マンガ原作者。美学校考現学研究室卒。主にアダルト全般を中心に執筆。特にエロとデジタルメディアとの関わりに注目している。AV監督としても活動し、2011年にはAV30周年を記念し、40社以上のメーカーが参加するプロジェクト「AV30」の監修者を務める。著書に『痴女の誕生 アダルトメディアは女性をどう描いてきたのか』(太田出版)、『日本縦断フーゾクの旅』(二見書房)など。マンガ原作者としては『たちまち はだかの業界物語』(作画:前川かずお、日本文芸社)がある

■『巨乳の誕生 大きなおっぱいはどう呼ばれてきたのか』(太田出版 1600円+税)
世の男たちをたぎらせてきた「おっぱい」。江戸時代末期は性的対象ではなかったおっぱいが大きな転機を迎えるのは、第2次世界大戦後にアメリカからグラマー嗜好が流入してのこと。以降、不遇の時代がありながらも「大きいおっぱい」は「ボイン」や「Dカップ」などと呼ばれ親しまれ、1980年代後半に「巨乳」となってブームが起こる。その歴史や価値観の変遷を、膨大な資料と調査を基に明らかにした、アダルトメディア史に残る一冊

最終更新:2/27(火) 11:00
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.22
5月8日(月)発売

定価400円(税込)

新・卑弥呼の墓は本物か?/「統一コリア」
は日本の敵か、味方か/イチローが「会長付
特別補佐」を返上する日【グラビア】浅川梨
奈/大原優乃/天木じゅん/華村あすか 他