ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ハイスペ男を返り討ちにした資産家お嬢様レイラの某重大事件

3/1(木) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 実業家や弁護士、医師といった「ハイスペック男性」と、彼らをターゲットとして夜な夜な港区周辺でキラキラした飲み会を開く「港区女子」。その界隈でも有名な美人が「レイラ」だ。現役港区女子でコラムニストの吉川リサコ氏が、レイラとあるハイスペ男性の“事件”をリポートする。

 * * *
 レイラは港区女子界隈でも有名な美人である。代々の資産家で祖父はスキー場、ゴルフ場なども持ち、父親も実業家。本人は超有名女子校出身で、顔もスタイルも抜群。街を歩けば誰もが振り返る。

 高校生の頃は街を歩けば事務所にスカウトされた。女優のアン・ハサウェイに似た、日本人離れした頭の小ささに彫りの深い美人顔。頭脳も明晰で、輸入業の会社を立ち上げ女社長をしている。性格も社交的で明るく、一緒にいると癒し系の一面もある。天は二物も三物も与えたのだ。私も彼女と歩いていると、女の子までもが目を丸くして振り返るため、得意な気持ちになる。

 そんな彼女だから、自然と周りにハイスペック男性は多い。ある日、レイラは起業家の友人に誘われて食事会に参加した。そこにヒロキはいた。

 ヒロキも港区界隈ではそこそこ有名なハイスペック男である。メディアにも露出している弁護士で、ロロ・ピアーナのオーダースーツを着こなし、清潔感に溢れている。

 ヒロキはレイラを食事に誘った。レイラは、友人の紹介ということで無下にはできず、「食事は1人より2人で食べたほうがマシかなくらいの気持ちで」出向いたという。レイラいわく、「ありきたりな高級レストラン」だった。ヒロキは言った。

「俺もそこそこ稼ぐし頑張ってるけど、レイラちゃんも能力高いし、俺らって合ってるんじゃないかな」──ここでまず違和感。そして、食事後。「俺、この辺で顔きくから。知り合いが経営してるバーへ行こう」

 時間も早いし、1杯だけならまぁいいか。と、バーに向かうエレベーターに乗った瞬間だった。ドアが閉まると同時に、ヒロキが突然キスをしてきた。そんなムードも前触れもなかった。

1/2ページ