ここから本文です

長谷川京子が“伝説の受付嬢”に! でも本人は猫かぶりできない?

3/1(木) 12:00配信

ザテレビジョン

3月9日(金)より、映像配信サービス「dTV」がフジテレビとタッグを組んで共同製作した、野島伸司脚本のオリジナルドラマ「彼氏をローンで買いました」をdTVとFODで同時配信。

【写真を見る】ローン彼氏・横浜流星が真野恵里菜を癒やす!

すでに主演を真野恵里菜、横浜流星が務めることが発表されているが、新たに長谷川京子、久松郁実、小野ゆり子、淵上泰史も出演することが発表された。さらに、今回発表された追加キャストを含むメインキャストが勢ぞろいしたメインビジュアルも初公開となった。

同作は、野島が“現代女性のリアル”をテーマに、主人公・多恵(真野)がエリート彼氏と結婚をして、専業主婦になるという夢をかなえるため、猫をかぶりながら社会で奮闘するも、ストレスフルな毎日に不安をおぼえ、ストレス発散用に月額39800円のローン彼氏・ジュン(横浜)を“購入”したことで動き出す恋愛ドラマ。

今回、追加発表された長谷川が演じる南場麗華は、かつて伝説の受付嬢といわれ、誰もがうらやむようなエリートと結婚したものの、猫を被ることに限界を感じ離婚。今ではコンビニの店長をしながらシングルマザーとして生活している役どころ。

長谷川は「面白い! 『こんな作品、作っていいの?!』というのが、脚本を読んだ最初の感想です。女同士の会話が明け透けでリアリティがある、例え話が気が利いていて笑っちゃう。現場でせりふを言う度に、わたし自身のストレスまで解消してくれています」と大絶賛。

一方、猫をかぶる女性には「猫をかぶる、女性。ありです! 私は残念ながら猫をかぶり続ける持久力がありませんが、欲しいものを手に入れるため、幸せのため、女性は日々頑張っているんです!」と理解を示した。(ザテレビジョン)

最終更新:3/1(木) 12:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン22号
5月22日

定価:370円