ここから本文です

アジア王者の浦和、新外国人FW獲得か。蘭1部クラブも注目の上昇株に関心

3/2(金) 16:35配信

フットボールチャンネル

 昨年アジア王者となった浦和レッズは、リーグタイトル奪還に向けて外国人FWの補強に動くかもしれない。

【Jリーグ】登録選手・加盟クラブが支払った仲介人報酬ランキング

 オーストラリア紙『シドニー・モーニング・ヘラルド』は、浦和が同国Aリーグのニューカッスル・ジェッツで活躍するFWアンドリュー・ナブートに関心を示していると報じた。オーストラリア代表歴こそないが、近年急速に評価を高めている25歳は、左右問わず得点力を発揮できるウィンガーだ。

 今季のAリーグで21試合出場9得点を記録しているレバノン系オーストラリア人のナブートには、Jリーグだけでなくオランダ1部や中東のクラブからも獲得に向けた打診があるという。ただ、ニューカッスル・ジェッツは選手との契約に盛り込まれた違約金50万豪ドル(約4100万円)を下回る額のオファーには応じない構えのようだ。

 まだ正式オファーには至っていないようだが、ナブートの代理人を務めるトニー・ラリス氏は「3週間前、アンドリュー(・ナブート)が求める給与と移籍金について、著名なアジアのクラブから直接問い合わせがあった。先週、我々のもとにはオランダのクラブから連絡が来た」と、獲得の打診があったことを認めている。

 ニューカッスル・ジェッツ側にも安売りするつもりはないが、Jリーグの選手登録期限までしばらく時間は残されているため、資金さえ準備できれば放出せざるをえないとの見方もある。浦和にはマルティノスやズラタン、マウリシオが在籍しているものの、外国人枠には余裕が残されている。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)