ここから本文です

チューハイ市場続伸 果汁感か高アルコールかで人気は二分

3/3(土) 7:00配信

NEWS ポストセブン

“ビール離れ”に歯止めがかからない。13年連続で出荷量が減っているうえ、安売り規制強化で昨年6月に施行された酒税法改正による店頭価格のアップも追い打ちをかけている。

 いまやお酒を好んで飲まない若者だけでなく、日頃からビールを愛飲してきた中高年でさえコストパフォーマンスを意識してビールの購入をためらう傾向が強まる中、右肩上がりの売れ行きをみせているのが、チューハイやハイボールなど蓋を開けてすぐ飲める「RTD(レディー・トゥ・ドリンク)」と呼ばれる低価格のアルコール飲料だ。

 キリンビールの推計によると、2011年に1億1600万箱(1箱=250ml×24本換算)だったRTD市場はその後も伸び続け、2018年はついに1億9000万箱を超える見込みだという。

 ビール類からチューハイなどへのシフトが進んでいることに加え、世代に関係なく“家飲み”の人口が増えていること、そして各メーカーから多数のRTD商品が発売されているため、飲み比べする消費者が増えていることなどが市場伸長の要因だと同社は分析している。

 確かに、スーパーやコンビニ、ディスカウントストアなどで酒類の棚を見ると、ビール系よりもチューハイやハイボール類の存在感が際立っているのにお気づきだろう。あらゆるメーカーからバラエティ豊富な商品がずらりと並んでいるため、定番のレモンチューハイでも、どのメーカーのどのブランドを買うか迷ってしまうほど。

 しかし、ここにきてRTD人気は二分化してきたようだ。とにかくストロング系(高アルコール)の商品を選び少ない量でガッツリ酔いたいか、より果汁感のある商品で食事中でもスッキリした味わいを求めるか──の二択だ。

 そこで、大手4社の新商品から各社のRTD戦略を探ってみた。

 これまでRTDナンバーワンブランドの『氷結』や、素材の良さを訴求した『本搾り』など、どちらかというと果汁感の高いチューハイで市場を牽引してきたキリン。氷結シリーズにはアルコール度数9%の商品もあるが、4月にはストロング主飲用者をメインターゲットにした新ブランドを発売する。その名も『キリン・ザ・ストロング』だ。

1/3ページ