ここから本文です

冷めても、なぜこんなに柔らかい?「Nick 中山手本店」名物ビフカツサンドの秘密を聞いてみた!

3/6(火) 11:42配信

東京ウォーカー

神戸市の「Nick 中山手本店」は、イートインもOKな精肉店。JR新神戸駅構内にあるテイクアウト専門の姉妹店で好評のローストビーフカツサンドイッチが、前日までに予約すれば本店でも味わえるのだ。低温調理した斬新なビフカツサンドをぜひ。<※情報は「関西ウォーカー」3/6発売号より>

店内/Nick 中山手本店

■ 柔らかさの秘密は、低温調理!

牛肉&パン文化が根付く神戸の新名物を目指して考案されたローストビーフカツサンドイッチ。新神戸駅店は神戸みやげを求める人が多く、冷めてもおいしいローストビーフに仕上げることは、最も大事な課題だったのだ。それをクリアにしたのが低温調理。オーストラリア牛のランプを低温でじっくりローストすることにより、冷めても柔らかな新食感のサンドを実現した。

サンドイッチメニューはすべて前日までに要予約。持ち帰りでもジューシーな肉の柔らかさは変わらないが、イートインならプチサラダも付いていてランチにぴったり!

精肉店とは思えないスタイリッシュな空間。ショーケースに美しく並ぶのは但馬玄(たじまぐろ)や芳寿豚(ほうじゅとん)など、希少な肉を販売している。

■「Nick 中山手本店」 住所:神戸市中央区中山手通3-10-12 電話:078-262-1147 時間:11:00~20:00(LO19:00) 休み:なし【関西ウォーカー】(関西ウォーカー・森田周子)

最終更新:3/6(火) 15:49
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

築地のギモン
吉沢 亮インタビュー
エスニックなアジア麺
今行くべき街「蔵前」