ここから本文です

代表ウイングの起用。乾、小林悠がいても、ハリルは原口、浅野なのか

3/9(金) 17:51配信

webスポルティーバ

ロシアW杯、どうなる日本代表メンバー
ポジション別最終チェック/第4回:サイドアタッカー(ウイング)編

【写真】長谷部誠に代わるボランチ候補は?

Jリーグが開幕し、各試合で活躍した選手が脚光を浴びる中、それに絡めて注目されているのが、その選手の代表入りの可能性である。はたして、日本代表メンバーとしてロシアW杯に出場できるのは誰なのか。今回は最大の激戦区とも言える、サイドアタッカー(ウイング)について検証する――。

◆代表入りの可能性(4枠)
80%=乾 貴士(エイバル/スペイン)
60%=小林 悠(川崎フロンターレ)
50%=伊東純也(柏レイソル)
45%=久保裕也(ゲント/ベルギー)
45%=中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)
40%=原口元気(デュッセルドルフ/ドイツ)
35%=武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)
30%=浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)
10%=宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)
5%=家長昭博(川崎フロンターレ)

 昨年11月の欧州遠征には、原口元気(デュッセルドルフ/ドイツ)、乾貴士(エイバル/スペイン)、久保裕也(ゲント/ベルギー)、浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)が、国内組主体で臨んだ12月の東アジアE-1選手権には、伊東純也(柏レイソル)、土居聖真(鹿島アントラーズ)、倉田秋(ガンバ大阪)、小林悠(川崎フロンターレ)が、それぞれ選ばれている。

 この中で土居と倉田は、攻撃的(高めの)MFのほうが適しているのではないかということで、その回ですでに可能性を探っている。本田圭佑(パチューカ/メキシコ)もしかり。ここでは触れないが、多くのポジションをこなす多機能型は、1箇所しかできない選手より、有利であることは言うまでもない。

 土居、倉田以外では、小林にユーティリティな魅力がある。東アジアE-1選手権でも4-3-3のCF(センターFW)として2試合先発を飾る一方で、4-2-3-1の「3」の右でも1試合、先発を果たしている。ウイング兼ストライカーだ。

 今季の川崎でも、昨季の得点王にもかかわらず、これまで4-2-3-1の「3」の右で先発を重ねている。2つのポジションを兼ねることができる小林。彼が23人のメンバーに加われば、余剰が1人生まれることになり、その1人分の枠を他に回すことができる。

 浅野も、代表でCFとしてプレーした経験がある。しかし、そこに適性があるとは思えない。2トップの一角ならわかるが、3FW系の1トップとなると厳しい。現状では、右サイド単独での候補と見るべきだろう。

 だが、所属のシュツットガルトでは、年明けからスタメンはおろか、サブでも試合に出場できずにいる。「海外組」というブランド力も手伝い、これまでは小林に対して優位なポジションを築いてきたが、最近は苦しい立場になりつつある。

 右サイドで浅野と五分五分の戦いをしてきた久保は、ゲントでコンスタントにスタメンの座を維持している。しかし代表で、ここのところいいプレーができていない。W杯アジア最終予選の前半部分で見せたような驚きを、見る側に提供できなくなっている。

 久保も適性は2トップにある。その一角こそがベストポジションだが、ハリルジャパンの基本布陣は3FW。浅野同様、そのギャップに苦しんでいるという印象だ。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
5月10日(木)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集『羽生結弦 王者の凱旋』
■仙台凱旋パレード
■平昌オリンピック名場面集
■世界選手権プレイバック